FEATURED

チャリティバンク寄付・助成金申請について

草の根団体や、社会に必要な変化を生み出す活動をしている人たちを応援するため、2007年に『チャリティポット』が誕生しました。

世の中には動物保護、人権、環境問題など、社会課題の根本的な解決に取り組む素晴らしい活動に従事する団体が多く存在しています。より公平な社会の実現のため、草の根の活動やキャンペーンプロジェクトを応援するため、2007年に売上げの全額(消費税を除く)が寄付となるボディクリーム『チャリティポット』を発売しました。2014年には原材料にもよりこだわり、配合を変更しました。

 

パーマカルチャーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

パーマカルチャーとは、「地球への配慮」「人々への配慮」「公平な分かち合い」という3つの考えをもとに、地域の生態系を豊かにする従来型農業に代わる持続可能な農業のやり方の一つです。

『チャリティポット』の原材料には、ケニア・パーマカルチャーセンターの女性グループが生産したアロエなど、パーマカルチャーやコミュニティプロジェクトのサポートを行うラッシュのイニシアチブ「Slush Fund(スラッシュ・ファンド)」から届いた最大6つ原材料を使用しています。原材料の働きを最大限に活かし、合成保存料は一切使用しておりません。

ラッシュでは、『チャリティポット』の売上げの全額(消費税を除く)を、環境保全、動物の権利擁護、人権擁護・人道支援・復興支援、の分野で活動する団体に継続的な助成を行っています。
また、『チャリティポット』の商品ラベルを定期的に更新し、これまでに助成を行った団体を紹介しています。商品ラベルをご覧いただくことで『チャリティポット』の売上げがどのような活動に繋がってきたかを知っていただく事が出来ます。

チャリティバンク助成ガイドライン

チャリティバンクへの応募をご検討されている方は、申請フォームをお送りしますので、チャリティバンク事務局までメールにてお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

 

ラッシュは、小規模で様々な社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援しています。小規模な草の根活動団体は、社会をよりよいものに変えていくために必要な活動をしているにも関わらず、資金難である事がしばしばあるため、ラッシュのチャリティバンクでは草の根活動に特化して支援を行っています。

下記は選考するにあたり、重要と考えている項目になりますので、申請前に必ず下記をご一読いただき、ご応募いただけますようお願いいたします。

 

【助成対象団体】
1)活動内容が下記分野にあてはまる団体
自然環境の保護活動
動物の権利擁護活動
人権擁護・人道支援復興支援活動

2)小規模で草の根活動を行っている団体 
小規模な活動団体は、資金難の中で、より良い社会へと変えていくために効果的な活動に取り組み続けている場合があります。私たちはそういった小規模な草の根活動が今後も活動を続けていけるよう応援したいと考えています。ラッシュが考える「小規模な活動団体」の規模は、年間予算3,500万円以下が目安です。多くのサポーターや企業スポンサーがいらっしゃる場合、政府の助成金がついている場合は審査においてプライオリティが下がる可能性があります。

3)他の企業や助成団体からの助成金
例えば、メディカルリサーチや病院などの医療関連などは比較的資金が集まりやすい傾向にあります。私たちは助成や寄付金が比較的集まりにくい団体や政府からの補助金を受けにくい団体を選ぶことで、その格差を狭めたいと考えています。

4)より良い社会を目指して変革するために、問題の根本を見極め、その解決に取り組む努力をしている団体
社会を変革するためには個人の意識や行動を変革することがとても重要であると考えています。そのための啓蒙、教育、キャンペーン活動などは効果があると考えています。例えば、貧困で苦しむアフリカの人々へ食糧を送るだけではなく、野菜や果物の育て方を教え、売る方法を教えるプロジェクトなどの方が根本を解決しようと取り組んでいるプロジェクトと判断されます。

5)波及効果があるプロジェクトを行っている団体
そのプロジェクトの背景にある課題を社会に広く知らせることでどんな効果があるのか、またそのプロジェクトを実施することでより多くの人に利益が生まれるのかを考慮し、審査します。基本的には受益者が個人、少数の人達に限るプロジェクトは支援しませんが、その活動を多くの人に知ってもらうことで得られる効果が大きなものであれば支援する可能性があります。

 

【その他の条件】
・法人格は問いませんが、株式会社、有限会社など営利を主目的とする組織、個人で行っているプロジェクトは不可とさせていただきます。
・プロジェクトは必須ではありませんが、プロジェクトへの助成のほうがより具体的な内容と判断され、優先される可能性があります。
・ホームページ又はブログで活動が閲覧できる団体
※ホームページによって、申請内容だけでなくより深く活動内容を知ることができます。
・電子メールで連絡が可能な団体
・原則として、日本に事務局機能がある団体
「ラッシュの信念」に賛同する団体

 

【助成期間】
・原則1年以内とします。
・継続支援も可能です。その場合は、プロジェクト完了後(報告書提出後)に再度申請をしてください。
前回助成のプロジェクトの成功についても記載してください。
・短期的なプロジェクト、長期的なプロジェクトのいずれも可能です。
※審査の都合上、申請から3ヶ月以降に開始するプロジェクトとしてください。緊急支援を要する場合は、別途ご相談ください。

 

【助成金額】
助成金額は10万円~200万円ですが、金額については『チャリティポット』の売り上げにより助成財源が決定するため、変更の可能性があります。

以下のような団体、プロジェクトには原則として支援をしていません
・イベントや会議、シンポジウムの開催だけを目的とする団体 (実行委員会形式など)
・基金やファンドレイジング活動
・NPO、ボランティア団体を支援する団体
・宗教団体、学校、自治体、学生による遠征、学術研究
・飼育・実験・研究などにおいて動物実験を含む、または動物に残虐な行為をすることに関係する団体
・暴力・侵害・抑圧などを推進、サポートする活動

他人の人権や信仰、人種を否定したり偏見を持つ活動

 

【応募方法】
・2ヶ月に1度、偶数月の月末を応募締め切りとします。
応募締め切り日:2月末日、4月末日、6月末日、8月末日、10月末日、12月末日 書類審査を通過した団体のみ、直接電話にてヒアリングをいたします。
・合否の連絡は電子メールにてお送りいたしますので必ず連絡の取れるメールアドレスをご記入ください。
・お送りいただいた書類は合否に関わらず返送致しかねます。
助成見送りの場合、その具体的理由はお答えできかねますのであらかじめご了承ください。
・多くの申請を頂く為、全てに助成することが出来ない場合があります。助成見送りとなった場合でも、ガイドラインに沿っている場合は再度申請して頂くことが可能です。
・申請書をお取り寄せいただき、記入をした上で、メールに添付して下記までお送り下さい。

株式会社ラッシュジャパン
チャリティバンク事務局
[email protected] 
(返信にはお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください)
【お問い合わせ】03-6859-0767 (月曜~金曜 11時~17時)

【助成決定までの流れ】

①応募締め切り(偶数月の月末)

②書類選考

③書類選考を通過した団体のみヒアリング

④社内選考委員による最終審査

締め切りの翌々月末までにメールにて合否の連絡
※例:4月末締め切り→5月~6月書類選考および最終選考→6月末合否連絡
※合否にかかわらず、全ての団体にメールにて連絡いたします。
※助成金の入金は決定翌月の末日を予定しています。

【助成決定後の必要提出物】
・覚書(ラッシュがフォーマットを作成いたします)
・活動写真(お客様やスタッフへの情報開示を目的とし、ラッシュウェブサイトにチャリティパートナー団体として名前を掲載させていただいていますが、問題がある場合はその旨お知らせください。)
・助成金受け取り後、領収書
・プロジェクト終了後の活動報告書、会計報告書(活動終了後1ヶ月以内提出)

 

ラッシュのさらなるチャリティプロジェクト
『チャリティポット』は、チャリティバンクの主な資金源です。
他にも、
・特定のエシカルキャンペーン団体や組織のために資金を集めるために、それぞれのキャンペーンの目的に見合った内容の限定商品も販売することがあります。ファン/クレイソープの売り上げの一部は福島の子どもたちの支援になります。これは「FunD」という企画になります。
・様々な持続可能なサプライチェーンのためのプロジェクトを引き続き支援していきます。
・自主的に炭素税を課しています(自分たち自身のキャンペーンに課税し、そのお金を環境保護団体に寄付しています)。
・募金活動のために、ラッシュ製品をチャリティ団体に寄付することもあります。

ラッシュは今後も、チャリティ活動のための新しいイニシアチブにたゆむことなく従事していきます。

チャリティポット商品詳細

サンフラワーソープ商品詳細

ファン/クレイソープ商品詳細

コメント (0)
0 件のコメント