FEATURED

季節の変わり目に。秋美肌をつくるスキンケア

暑く、強い紫外線が降り注ぐ夏が過ぎて、秋がやってくる季節の変わり目は夏のダメージの疲れが一気にやってくる時期です。

 

紫外線には、肌の老化の原因にもなる「UV-A」、シミやそばかすの原因にもなる「UV-B」があり、一年の中でも春から夏にかけて最も強くなると言われています。
日焼けの対策をしていたり、あまり外に出ていなくても少しずつお肌へのダメージは蓄積されていて、それが、季節の変わり目にはお肌トラブルとして表に出やすくなります。
お肌のツヤが失われたようなカサカサ感、お肌がゴワゴワ硬くなったように感じることはありませんか? この原因のひとつに紫外線により角質層の保湿機能やバリア機能が低下していることがあります。
また、カサカサ感やゴワゴワ感が感じられいない状態だったとしても、お肌の機能が低下していることが多く、ゆらぎ肌を引き起こす原因に。

夏のダメージの蓄積、暑い夏から冬にかけての気温差、皮脂などの分泌昨日の低下、空気の乾燥……季節の変わり目である秋のスキンケアは、とても重要です。

 

秋、健やかで美しいお肌に保つために

お肌の保湿機能やバリア機能を正常な状態に戻す、保つ、が重要なポイント。穏やかなケアでたっぷり潤いを補いコンディションを整えましょう。

◆洗顔
まず大切なのは、日々のクレンジングや洗顔によってお肌の汚れをきれいに取り除き、お肌に与える刺激と極力少なくすること。
強い洗浄成分に頼るのではなく、必要な潤いを補いながらクレンジングしてくれる『俳句』でお肌の汚れを落としたあとは、洗顔料を。お肌のざらつきやくすみが気になる時は『天使の優しさ』などスクラブ感のある洗顔料で古くなった角質を取り除きましょう。
洗顔料はこちら

 

◆お肌に潤いを
紫外線とともに、夏お肌にダメージを与えるのが、室内と室外の気温差、エアコンの風による乾燥。
気付かないうちにインナードライを引き起こします。
『オーシャンヴェールウォーター』は、潤いをもたらすアロエをブレンド、肌なじみのよい海水がごわついたお肌の角質層まで水分を届け、お肌のバランスを整えます。
化粧水はこちら

化粧水でお肌のコンディションを整えた後は、保湿クリームで潤いを与えて、みずみずしいお肌を保ちましょう。『楽園』は季節の変わリ目、敏感に傾きがきなお肌におすすめです。シンプルな処方ながら、肌なじみのよいアーモンドオイル、たっぷりの潤いをもたらすカカオバターがなめらかなお肌に仕上げます。
保湿クリームはこちら

 

◆スペシャルケア
美容液、フェイスマスクなどを定期的に使用し、さらにお肌の水分保持力を高めてトラブルを引き込まないお肌をつくっていきましょう。
フェイシャル美容バー『抱擁の満月』は、固形の美容液。紫外線のダメージを健やかに整えるカラミン、ローズをはじめ、植物由来のバター、オイルがふっくらとした柔らかいお肌へ。
また、フレッシュな野菜、フルーツ、植物の力が詰まったフェイスマスクが、お肌の汚れを吸着しながら潤いを与えてくれます。
>フェイスマスクはこちら

夏の終わりから秋、冬にかけての季節の変わり目にはしっかり保湿を心がけて、トラブルを引き寄せない美肌を目指しましょう。

コメント (0)
0 件のコメント