FEATURED

『FunD』からの支援

「FUN」(ファン/クレイソープ)売上げ1本につき20円が、子どもたちに「楽しさ」を提供する草の根団体に寄付・助成されるプログラム「FunD」(ファンド)。以下は、ラッシュがサポートしているパートナー団体リストです。

特定非営利活動法人 アースウォーカーズ
福島の子どもたちを、5年で600人以上の保養に取り組み、高校生のプロジェクトはドイツを訪問し、原発事故の状況をスピーチするとともに、再生可能エネルギーや脱原発などを学ぶ交流をしています。
http://earthwalkers.jp

一般社団法人 aichikara
2011年より毎年、夏と冬にリフレッシュキャンプを実施しています。
毎日汗だくになり、くたくたになるまで遊び、たらふく食べて、のびのびと育つ。
キャンプでは多くの被災地の子どもたちと共に、そんな日常を過ごしています。
http://www.step-aichikara.com/

わんぱくチャレンジ広島    
「わんぱくチャレンジ広島」は福島の子ども達に、広島の海や山でゆっくりのんびり過ごしてほしいと有志が集まりました。この輪を広げていくため、地域の人や地元の子ども達との交流もたっぷり計画しています。
http://wanpakuhiroshima.jimdo.com

徳島県青年海外協力協会
徳島サマーキャンプは東日本大震災被災地の復興支援として、福島県の高校生が自然の中でのびのびと活動し、人々との交流を通じて自分の将来を考える機会を作るための活動です。
http://toca.sakura.ne.jp/

「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会
福島の子どもたちに少しでも放射線の少ないところで思いっきり外遊びをしてほしいと、保養を行なっています。現在まで計17回、延べ685人の親子を川崎に招待。参加者のネットワーク作りに取り組んでいます。
http://kawasaki-shiminnokai2011.jimdo.com/

じどうかんジャンボリーふくしま実行委員会
ジャンボリー事業を通じて県内 の子ども達の健全育成と児童館活動の復興を目指して活動しています。子ども達が宿泊を伴う様々なプログラムや人的交流を通じ、郷土の自 然や文化を体験しながら絆を深めます。

こどもまちづくり会議in二本松実行委員会
避難先自治体と受入自治体の子ども達が、一緒に遊びながら今暮らすまちを知り、未来のまちを考え、未来のまちの模型を創る活動を行っています。
kodomo-nwc3.strikingly.com

伊那谷親子リフレッシュプロジェクト
原発事故から4年、福島県では甲状腺癌及びその疑いも含めた子どもは112名判明、子ども達は日々放射能に脅かされています。
福島県の子ども達を自然環境の良い長野県伊那市に招待し保養するツアーを7月に開催しています。
http://ina-hoyo.jimdo.com

0円キャンプスクール熊本実行委員会
2011年夏休みから始めて、今回で9回目のキャンプ。放射能のことを気にせず、こどもたちに熊本の自然を満喫してほしい。私たちの願いは、こどもたちの元気と笑顔です。
http://0camp.sunnyday.jp

NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
福島やその近県の子どもたちの長期休暇中の保養プログラムやホームステイ、年間を通じての3軒の「おいでハウス」での受け入れ、避難家族の支援、福島の現状を知るための講演会の開催などに取り組んでいます。
http://fukushima-kagawa.org

おかやまバトン
岡山大学をはじめ、岡山県内の大学生を中心に活動を行う被災地支援団体です。「息の長い被災地支援」「岡山でできること・岡山だからできること」を軸に、いま自分たちにできることを考え取り組んでいます。
http://okabato.jimdo.com/

特定非営利活動法人 移動保育プロジェクト
福島県に住む小さな子どもたち放射線量の低い自然豊かな場所へ移動して日帰り保育を実施。子どもたちの心身の成長と健康促進できる環境を提供しています。
http://idouhoiku.com/

4月3日のひろば 福島~山梨つながるネット
東日本大震災後、原発のない未来を目指して山梨県北杜市を中心に結成された市民グループです。活動内容は、放射能汚染地域対象の保養プログラムの実施(計10回)、脱原発パレード、映画の上映会、講演会、勉強会などです。
http://tsunagarunet43.blog.fc2.com/

福島の子どもたちを府中に招く市民の会
2011年の福島原発事故によって、おもいきり外で遊ぶことができなくなった福島の子どもたちが、放射能を気にすることなく、自然の中でのびのびと遊ぶことができるようにと、東京に招いて保養活動を行なっています。
http://fukusimakodomo.chagasi.com/

ピースボート福島子どもプロジェクト
“保養”と“国際交流”の体験を通して、子どもたちに “夢と健康”を届けたいと、ピースボートとピースボート災害ボランティアセンターが共同で実施している活動です。
http://peaceboat.org/projects/fukushima_youth

アースデイ東京
毎年10万人が来場する、地球の事を考えて行動する「アースデイ東京」。福島県の小・中学生、未就学児とその保護者様を対象とした2泊3日の保養バスツアーでは、アースデイ東京会場や青梅・飯能などで自然とエコを学びます。
http://www.earthday-tokyo.org/

原発のない未来を!!なかのアクション
2012年春から「福島の子どものための保養キャンプ」を春・夏休みと年に2回南房総市で継続中。福島を離れ、放射線量の低い南房総の自然の中で楽しく遊ぶ保養は、子どもたちの健やかな成長につながる大切なものです。
http://nakanoaction.jimdo.com/

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
子どもたちを低線量被ばくから守りたいという気持ちを持った保護者たちが集まり活動を開始しました。子どもや家族と一緒に安全な場所に出かけるプロジェクトの実施、情報提供の活動に取り組んでいます。
http://kodomofukushima.net/

特定非営利活動法人 コドモ・ワカモノまちing
移動式子ども基地トラックや遊び道具とキッチンを積んだプレイキッチンカーで、仮設住宅や被災地の学校、広場などに行き、子どもの居場所とともに親子や地域の交流の場をつくり、ゆるやかなコミュニティを育むことを目指します。
http://www.k-w-m.jp/

特定非営利活動法人 みらいの森
福島県を始めとする東日本大震災の影響を受けた被災地などの児童養護施設で暮らす子どもたちが、アウトドアでの冒険を楽しみ、自然を体感しながら、社会生活で必要なスキルの習得をするイングリッシュキャンプを実施しています。
http://mirai-no-mori.jp/

特定非営利活動法人 Inseki Project
東北被災地での演劇上演など、演劇を社会の役に立てることを目的として、活動しています。
http://www.inseki-project.com/

みんなともだちプロジェクト
リクリエーションを通じて交流の場を提供し社会参加を促し、自立できるようにする活動。
https://www.facebook.com/iwakicarom

福島こども保養プロジェクト・杉並の会
放射線の高い地域で日常を送っている福島の子どもを支援する、杉並のボランティアの会。
http://suginamihoyo.jimdo.com/

青梅ブンブンの会
東京の青梅から放射能/再生可能(自然)エネルギーなど今後の暮らし方を考えています。
http://ome-bunbun.jimdo.com/

はちみつ會
福島の子どもたちのために保養活動を支援している東京の町田市のボランティアグループ。
http://hachimitsukai.jimdo.com/

つながっぺ!おおくま☆しょうない
福島県内の小学生と大学生とが交流しながら庄内で思い出づくりをします。
http://www.koeki-u.ac.jp/special_contents/2014TNGP.html

心輝く造形あそびプロジェクト からふる
被災地など困難な環境下で暮らす子どもたちに、造形の出張ワークショップを届けます。
http://kokoro-colorful.jimdo.com/

ふくしま保養キャンプinみえ2014実行委員会
震災による原発事故の影響が残る福島及び近隣の方々の保養キャンプを実施しています。
http://miemisugifukushima.jimdo.com/

特定非営利活動法人 姫路発 中高生のための東日本災害ボランティア
国内外の各種団体と協力し、東日本大震災被災者の安全安心な生活を守る活動をしています。
http://himejihatu-volun.holy.jp/

こども未来へのかけはしin所沢
被災地在住の親子に対し不安を少しでも軽減できる空間を提供する埼玉県所沢市の有志団体。
http://kodomo-mirai-t.jimdo.com/

一般社団法人F-WORLD CHANNELSQUARE福島インドアパークプロジェクト
福島の自然を感じたりスポーツを楽しめるインドア パークの建設・運営や、県内外での自然体験活動を行っています。
http://fw-p.jp/

FunD』ガイドラインはこちら

 

コメント (0)
0 件のコメント