FEATURED

イヌワシプロジェクト後編:豊かな赤谷の森の象徴

個体数が減少し、絶滅が危惧されるイヌワシの舞う赤谷の森を未来へ残すため、群馬県みなかみ町で生物多様性の復元と持続的な地域づくりを目指す「赤谷プロジェクト」が発足しました。

【失われていたかもしれない自然豊かな赤谷の森】

 「もしかしたら失われていたかもしれない自然豊かな森」と言われる赤谷の森は、群馬県みなかみ町北部、群馬県と新潟県の県境に広がる約1万ヘクタール(10km四方)の国有林です。この森には、絶滅危惧に瀕しているイヌワシやクマタカを始め、ツキノワグマやニホンカモシカなどたくさんの動植物、ひいては本州にいる哺乳類のほとんど全てが生息しています。

 1980年代、この赤谷の森にダムの建設計画とスキー場の開発計画が持ち上がりました。60年前に降った雨が湧き出ると言われるこの地の温泉と上水道に影響が出ることを心配した地元住民は、公益財団法人日本自然保護協会(以下、日本自然保護協会)に協力を要請します。10年間に及ぶ運動の成果もあり、2000年に2つの開発計画は白紙に戻ります。

 この運動が始まった頃、地元の人々と「イヌワシ」のストーリーも始まりました。赤谷の森にイヌワシが生息することが確認されたのです。イヌワシは、森林生態系において食物連鎖の頂点に立つ「アンブレラ種」、いわゆる食物ピラミッドの最上層に位置づけられるため、イヌワシがいる森にはその餌となる下層の種も多く生息する豊かな生態系があると考えられます。そのため、イヌワシは豊かな森の象徴と言われ、イヌワシが暮らせる森を保護することは、人にとっても豊かな恵みがある森を保護することに繋がると考えられています。

 2004年、戦後の拡大造林時代に日本の他の森と同じくスギやカラマツなどを植林し人工林が増えた赤谷の森を整備しながら、絶滅の危惧に瀕しているイヌワシが子育てをすることができる豊かな森に戻す「赤谷プロジェクト」が発足されました。

 「赤谷プロジェクトは、自然保護団体である我々、日本自然保護協会に加え、地元協議会と国有林管理者である林野庁、立場の異なる三者が協働する全国でも珍しい取り組み」と話すのは、日本自然保護協会自然保護部の職員、出島誠一さん。

 赤谷プロジェクトでは、赤谷の森を多様な動植物の生息する豊かな森にするために、様々な活動を行なっています。その一つが、拡大造林の時代に増やしすぎたスギやカラマツの人工林を多様な動植物を育む自然の森に戻していくこと。新潟との県境で山の奥深くに位置する赤谷の森は、ブナやミズナラなど大木になる落葉樹を含む、まだ人手が入ってないような原生的な森が部分的に残る森です。

 森の3割ほどが人工林である赤谷の森でも、かつて植えた人工林を木材として使おうとしても、安い木材が海外から輸入されている今、労働力とコストをかけて森から木を切り出しても価格が見合わないと言います。そういった価値が下がり、生態系維持の障壁となっている人工林で、計画的に間伐・皆伐を行いながら、元の森の姿に戻していくことを目標としています。二つ目は、老朽化した治山ダムを撤去して、自然の川の流れを取り戻すこと。三つ目が、一年を通して昔から赤谷の森に住む一つがいのイヌワシの生息環境を向上するための活動です。

 赤谷プロジェクトでは、出島さんが現地でのコーディネートに勤め、実際にスギの木を切った効果はイヌワシにとってどういう影響を与えているのかというのをモニタリングするために、週3回は赤谷の調査も実施しています。

 「赤谷プロジェクトの一つ目のゴールは、生物多様性の復元です。作りすぎた人工森を自然に戻していくことが、森に暮らす生き物たちにどうような良い影響をもたらすことができるかを調査しています。二つ目のゴールである持続的な地域づくりに関しては、ここにある豊かな森が、広くその地域の暮らしや産業にうまく結びつくような活動を進めています」。

 

【イヌワシを守るために森を切る:ハンティングできない人工林をハンティングできる場所に】

 日本自然保護協会は地元みなかみの方々とともに、赤谷プロジェクトが発足する前から、20年間ほどこの赤谷の森に住むイヌワシをモニタリングしてきました。スギの人工林というのは、冬になっても葉が落ちないので、上空から獲物を探すイヌワシにとって狩りが行えません。そのため、それらの人工林を伐採して、イヌワシが狩りをしやすい環境、暮らしやすい森を作っていく取り組みを始めました。

 「2015年の秋に、第一次試験地として、約2ヘクタールのスギ林を伐採して、イヌワシの狩場を作ったところ、その一年後には伐採地周辺にイヌワシが来る頻度は6割(1.7倍)アップしました。2017年には、新たに第二次試験地として別に約1ヘクタールのスギ林を伐採して狩場を作りました。この場所にイヌワシが出現する頻度は2年連続で高い状況が続いていて、狩場の周辺でイヌワシが獲物を探す行動が何度も観測できるようになりました。このようにスギの人工林を皆伐することで、イヌワシが狩りをしやすい、住みやすい環境を作るための一つの具体的な方法として有効ではないかというデータが取れてきました」。

 出島さんらの弛まぬ努力にイヌワシが応えてくれたのか、2016年、7年ぶりに赤谷の森でイヌワシのヒナが巣立ちました。

 「赤谷の森のイヌワシというのは2009年以降、6年間ずっと子育てに成功することがなかったのですが、2016年、7年ぶりに子育てに成功し、ヒナが巣立ちました。驚くことに2017年には、2年連続して赤谷の森のイヌワシが子育てに成功するという嬉しいニュースがありました。我々の取り組みが、少なくともイヌワシの生息環境に対してプラスの効果があるということが言えると思います。イヌワシも汲み取って繁殖に成功してくれたのかなとみんなで話しているところです」。

 イヌワシの繁殖成功率が低下しているのは、赤谷の森だけではありません。そういった場所で出島さんらが取り組む赤谷プロジェクトを参考にしながら、各地のイヌワシの生息環境を変えていかなければ、近い将来イヌワシが日本の森からいなくなってしまうことが危惧される状況にあると出島さんは話します。

 「近い将来、イヌワシがこの森、日本の森からいなくなるということが何を意味しているのかといえば、イヌワシが豊かな自然の象徴的な生き物であるからこそ、日本の自然環境全体の状況が悪化していることが危惧されます。また、調査をしてきて感じていますが、イヌワシはとても美しく、魅力的な鳥です。こういう生き物が我々の暮らしている国土に生息していること自体がとても誇らしいことです。心の豊かさ、じゃないですが、そういった面でもイヌワシが日本の森から消えてしまうことはとても悲しいことです。この赤谷の森でやっている取り組みを赤谷の森で続けていくこともとても大切ですが、発信していくことも同じくらい大事なことだと思っています」。

 赤谷の森のイヌワシは、昔から生息し続けてきたことが分かっています。この森が、この先もイヌワシが子育てをしながら生息できる森であり続けるために、そしてこのイヌワシの舞う森を未来に引き継ぐために、出島さんは地元の小学生がイヌワシについて学ぶ機会を提供しています。

 「2016年に生まれたヒナには『キズナ』、2017年に生まれたヒナには『きぼう』と、それぞれ地元の小学生が名前をつけてくれました。子どもたちは自分たちの暮らす裏の山、森の中にイヌワシがいるということをとても誇らしいと思ってくれています。子ども達にイヌワシの大切さ、守り方も引き継ぐことで、イヌワシが生息し続ける赤谷の森を未来へ残せるのではないかと思っています。」

 

「イヌワシプロジェクト前編:イヌワシの狩り場を奪ったのは誰か」はこちら

日本自然保護協会 赤谷の森
イヌワシ 日本自然保護協会
コメント (0)
0 件のコメント