FEATURED

輝きを連れて:ラッシュソリッドハイライターの使い方

手軽にあなたが理想とするツヤや輝きを叶えてくれる。そしてあなたのお肌をますます美しく。あなたのクリエイティブな感覚にさえ刺激を与えてくれる。そんなアイテムがあったら使ってみたいですか?でしたらぜひ、Glow Sticks(グロースティック)を使ってみてください。

Glow Sticks ラインナップはこちら

Glow Sticksは、あなたのお肌に立体感を与えてくれるハイライター。でもそれだけではありません。あなたのライフスタイルを彩りを添えてくれることでしょう。地域の団体から仕入れた、職人の手仕事で作られた素晴らしいオイルとワックスで作られたプラスチックフリーなこのハイライターは、様々なシーンに合わせてマルチに使うことができます。また、お肌に使用するたびに、お肌の状態への満足度が上がっていく感覚を感じる方も多いはずです。Glow Sticksでお肌に輝きを載せた方の中には、「今までのラッシュに、こんなアイテムは無かった!」と思わず叫んでしまいたくなる方もいるかもしれません。

2018年7月に発売したソリッドファンデーション「Slap Sticks(スラップスティック)」に続いて、メイクアップアイテム第二弾として今回登場した「Glow Sticks(グロースティック」も、サステナブルな考えのもとパッケージデザインが行われ、常識を脱ぎ捨てたアイテムが出来上がりました。Slap Sticksと同様に、持ちやすく手軽に使えるように、ヴィーガンワックスでコーティングしています。簡単に剥がすことができるワックスなのでGlow Sticksの最後のひとかけら、最後のきらめきまで余すことなくご使用いただけます。

メイクアップは多面性を持つ表現方法の一つです。Glow Sticksのエキサイティングなところは、マルチな使用方法と、感覚的に使える手軽さが備わっているという点です。頬骨、眉骨、上唇の線、鼻すじなど、顔の高い部分に付けてみてください。どこにつけるか、それとも全部につけるのか、もちろんあなたの自由です。

お肌へ輝きを載せるには…

指先でGlow Sticksを軽くこすりながら、お好みの量を指に取り、頬骨、眉骨、上唇の線、鼻すじなど、顔の高い部分に付けてみてください。もしくは、お肌に直接Glow Sticksをすべらせてお好みの場所にハイライトを入れてください。お気に入りのブラシで繊細に薄く伸ばすのも素敵です。顔全体に玉虫色の輝きを取り入れたいなら、スポンジを使用するのがおすすめです。シルキーなシマー肌から、お肌の上で「きらめき」が弾けるような大きなラメまで、色々なタイプのプラスチックフリーのラメが輝きだします。そう、仕上がりは付け方次第でアレンジできて、アレンジするたびに違う表情を生み出してくれるフレッシュでエキサイティングなメイクアップアイテムです。
 

お肌に嬉しい原材料で作られた5色の中から、お好きなものを選んでください。輝きを楽しみながら、色んな方法を試してみて、自分なりの「使用方法」を見つけてみてください。なぜなら、このGlow Sticksにはお肌を輝かせる上で「こうやって使わなければならない」という、ルールが無いからです。
でももし、あなたがインスピレーションを求めているなら、ぜひ最後まで読んでみてください。
 

ハイライト

顔を明るく立体感を創り、あなたの個性を際立たせるなら、このシンプルなテクニックはもっとも簡単でしょう。Glow Sticksが活躍する場所は頬骨と眉骨周辺。そう、お顔の中で高い部分にハイライトとして載せていけば、自然なツヤで立体感が創れます。Lark(ラーク)を使えば、その柔らかいシルバーの輝きが光を集め、繊細なシマー感を纏うことができます。

  1. 少量を指先、またはブラシに取ります。色をブレンドしたい場合は、先の細いブラシを使うのがおすすめです。
  2. ツヤや輝き、立体感を出したい部分にのせていきます。予め塗ってあるベースメイクにとの境目が目立たないように指で軽くタッピングして、なじませます。
  3. もしより一層立体感を高めたい場合は、お望みの場所に軽くGlow Sticksを滑らせたたきこみます。お肌にとってのハイライターは、お肌だけでなく、心にとっての太陽光のようなもの。

なぜなら「なりたい自分」になれた自分を鏡で見たら、心まで明るくなるでしょう?心が沈んだ日には、気持ちを切り替えるにも一役買ってくれるかもしれません。

 

ストロボ効果

ハイライターが放つ豊かな光は、顔の高いポイントすべてを強調することでストロボ効果が生まれ、大胆で、ショーが拍手喝采で中断されるような素晴らしい見映えを作ります。Glow Sticksの先端は「あと少しだけ際立たせたい」という顔の細かな部分に直接つけるのにぴったりです。「Ibis(アイビス)」のとてもシマー感の強い、ぎっしりと入った艶めくカラーは特にストロボ効果を重要視する方にはぴったりです。また、ヌーベルバーグ的なネオンのストロボ効果を狙うなら、アイビスを「Rock Dove(ロックダヴ)」の上に重ね付けしてください。ロックダヴはライラックの色調を持っているのでメタリックな、内側から光っているようなツヤを与えます。

  1. 鼻すじ、あご、眉の上下につけます。
  2. 怯えずに、大胆に使ってください。お肌になじませるのが苦手な方はブラシを使うのがおすすめです。
  3. 満足いくツヤに達するまで、何度でも重ねてください。明るければ明るいほどいい!という方なら、もう何度でも。
Goldfinch Slap Stick

拡大写真はこちら

 

ホログラフィック

ホログラフィックなハイライトは洗練されたシックな仕上がりにする方法で、Glow Sticksを組み合わせるのが鍵です。ロックダヴのような周りの色を惹き立てるカラーはベースにとても向いています。また、光の中でまばゆいばかりに輝くグリーンのファンファーレを思い浮かべるような「Peacock(ピーコック)」の明るいシマーの輝きを重ねると、あなたのお肌が光を受けるたびに異世界の宝石のように輝くでしょう。

  1. 選んだ色をお肌に直接重ね塗りして、深みある仕上がりにします。
    薄い層を重ねていくイメージで重ね塗りを繰り返してください。そうすることでベースは淡いながら深みのある色づきを表現することができます。
  2. 眉骨、頬骨の上部、鼻先といった、一番光を反射する、顔の一番高い部分に光が集まるようにバランスを整えていきます。
  3. より明るいシマーの色を、指かスポンジにとって軽くたたくようにのせていきます。そうすることで玉虫色の輝きの効果が活かされ、どんな明かりの下でも美しく輝きを放ちます。

 

ガラスのようなお肌に

ガラスのような透き通ったお肌、透明なツヤを放つなめらかな透き通ったお肌は、ベースづくり作り創りづくりから始まります。クレンジングしたてのお肌に「楽園」のような保湿クリームを使うことで、ファンデーションとハイライターをつけるための素晴らしいベースがつくられます。そのベースに、アイビスかラークをのせればガラスのようなお肌に仕上げる近道になります。

  1. 保湿クリームでしっかりあなたのお肌に潤いを閉じ込め、ガラスのようなお肌になる下準備をします。
    あなたにぴったりの保湿アイテムを見つけるにはこちらから
  2. お気に入りの保湿効果の高いツヤ感のあるファンデーションをつけます。(Slap Sticksをお持ちであれば、ツヤのあるお肌に仕上げるのがより簡単に。)
  3. 指でGlow Sticksを温めると伸ばしやすくなるので、少し柔らかくなったら、あなたの手の甲をパレット代わりに、少量取りましょう。
  4. 小さめなバッフィングブラシでカラーをブレンドし、頬骨の上部、鼻すじ、こめかみ、上唇の線など顔の一番高い部分にスーッと載せていきます。

 創造性はとどまるところを知りません。自分の輝きをどこに、どうやってプラスしたいかはあなた次第。真新しさ、見たことのない新しい手法、手軽に遊び感覚で美しさの表現ができるアイテムをお探しならば、Glow Sticksはあなたの味方です。

コメント (0)
0 件のコメント