FEATURED

ラッシュスパトリートメントが私たちにもたらすもの〜それは実に、理にかなったものでした〜

ラッシュスパのトリートメントを体験したら、なんだかいい気持ちになりませんか?でも、それはどうしてですか?

これは、スパセラピストが、しばしば尋ねられる質問です。そして、一言では答えにくい質問でもあります。Lush Spa Experiment(ラッシュスパの体験的実験)動画では、トリートメントが心と体にどう影響を与え得るかを独自の方法で表現したものですが、その実験データにはどんな意味があるのでしょうか?感覚心理学、神経学の4人の第一人者が、触覚、味覚、嗅覚、視覚、聴覚が脳や気分に与える影響について説明し、「どのように」「なぜ」ラッシュスパのトリートメントがいわゆるマッサージ以上のものであるか、について明らかにします。

<真のマルチ感覚体験>

ラッシュスパに足を踏み入れると、安らぎや穏やかさに満ちた世界が広がります。都会の喧騒から実際はわずかにしか離れていないとしても、1940年代イギリスのカントリーキッチンがあなたの求めていた心地よさでお迎えします。

スパトリートメント開発者のハンナ・ラミーマンは「こうしたエクスペリエンスを作り出すのは、いわゆるトリートメントそのものだけのなせる技ではなく、取り巻く環境のすべてによるものです。古材の家具やソファー、古い本、たっぷりの紅茶など、その全てが、温かく心地よい気持ちにさせてくれるのです。」

「ラッシュスパには、いわゆる普通のスパに行くよりも、たくさんの体験が待ち受けています。白い壁やスリッパ、バスローブのことだけではありません。まるで家に帰ってきたような感覚そのものです。一歩足を踏み入れ流だけで、日常から離れて現実を忘れられるような感覚を呼び起こしてくれるのがラッシュスパなのです。」

それは、コンサルテーション中に出されるフレーバーウォーターに始まり、感情を揺さぶるエッセンシャルオイルの香り、トリートメントに合わせてオリジナルで作られた音楽、空間に溶け込むライト、そして心からリラックスさせてくれる親しみやすいスパセラピストまで、スパに入った瞬間から、いたるところであらゆる感覚を優しくケアしてくれます。

普段はあまり気づかなくても、私たちの五感というには、他のものとは比べ物にならないくらい私たちを掌握しています。それは、私たちの周りの世界を理解するために使う物だからです。でも、なぜスパトリートメントはこんなにも心の琴線に触れるのでしょうか?

<手のタッチ>

感覚について話す時、触覚は忘れられがちで、機能的な感覚、つまり何かをこなすために使う物として捉えられています。しかし、触覚は人間の社会的、感情的な関係に大きな役を果たしており、赤ちゃんや子どもの発達には欠かせないものとなっています。

神経学者でTouch: The Science of Hand, Heart and Mind (触れることの科学:なぜ感じるのか どう感じるのか)の著者、デイヴィッド・リンデン教授は、こう話します。「社会的な触れ合いは非常に大切です。それは社会的な“接着剤”のようなものだと思っています。触れ合うことは、信頼感を伝える最善の方法で、親子間、恋人間、同僚間など、あらゆる場面で重要になります。

社会的な触れ合いは、適切な場合において、感謝や思いやりを内包しており、チームスピリット(team spirit)を植えつけます。」

しかし、このこととトリートメントが、どう結びつくのでしょうか?その答えは「ホルモン」です。触られた時に感じる信頼や安心は、脳にオキシトシンを分泌させます。これは信頼ホルモンとしても知られています。オキシトシンが増えると、ストレスに関係のあるコルチゾールが減ると証明されています(It has been proven)。こうした連鎖反応が、トリートメントから連想するような安心感や喜びを生み出すのです。

<音>

音楽はラッシュスパのエクスペリエンスに欠かせない要素で、全トリートメントには、それぞれにあった感情と記憶を思い起こさせるオリジナルのサウンドトラックが作られています。自信をもたせてくれたり、懐かしさを楽しんだり、自然の美しさに感謝させてくれたり、といった具合です。

音楽の心理学と神経学の専門家であるリーラ・タルフィ博士(Dr. Liila Taruffi)は、私たちの気分を変えてしまう音楽の力をこう説明します。

「音楽は、深く濃い感情の体験を呼び覚ますことさえできてしまう、最もパワフルな方法の一つです。この感情体験には、幸せや恐れと言った、基本的で日々起こる感情から、畏敬の念や、悟りの境地にも似た、またはもっと複雑な審美的な感情の場合もあります。」

「音楽は、数種類の異なる心理メカニズムを通して感情を呼び起こします。これには、聴く人が音楽の叙情的トーンを感じ取り、自分の中でそれを再現する“感情の伝染”でもあります。また“視覚心像”では、音楽が、穏やかさを湛えた自然風景などの、感情を含んだビジュアルを呼び覚します。“ピソード記憶”は、聴く人の人生で起こった特定の出来事の記憶を、音楽が思い起こします。“旋律予測”では、聴き手の期待値が満たされると、結果として満足感が得られます。」

音楽はストレスを軽減させると証明されており、リーラは、特定のアコースティックで味のある音楽は、心拍・血圧・体温・肌伝導・筋緊張を調節する脳の反応を引き起こすことが出来ると付け加えます。これらは全てリラクゼーションとストレスに対抗するものにつながっており、音楽とトリートメントを完璧な組み合わせにしています。

<匂い>

アロマセラピーが、体や心に作用するということで人気であることからも、人は気分や感情に影響を与えるために匂いを使うことに、慣れ親しんでいると言えるでしょう。

匂いには、ストレスが軽減したように感じさせるどんなパワーがあるのでしょうか?

カーディフ大学の神経心理学者である、ティム・ジェイコブ教授はこう話します。

「嗅覚は記憶とつながっているため、気分に影響を与える驚くべき能力があります。匂いの効果は、連想を通して調整されるので、ある体験を特定の香りと何回もペアで体験すると、その香りはその体験にまつわる気持ちや感情を引き起こせるようになり、大きなインパクトを起こせるようになるのです。」

つまり、心地よい匂いと関連づくポジティブな感情が湧き上がるのは、過去の体験があったからなのです。科学的な話ではありませんが、詩人のキプリングの有名な言葉に「香りは、音や目に映るものよりもずっと確かに心の琴線を震わせてくれる」というものがありますが、どうやら彼は正しかったようです。

ティムはこう続けます。「脳には、嗅覚をつかさどる一次野があり、これは記憶に関係のある海馬のすぐ隣にあります。この2つの領域には多くのつながりがあり、大量の情報が行き交います。また、感情中枢(扁桃体)にもつながっています。これにより、匂いに関連した感情情報を貯蔵することができるのです。

「つまり、嗅覚には感情の状態や心理状態をも記録し、再生する能力があという事です。」

他の感覚と異なり、匂いは違う時間や場所へ運んでいってくれる、というのも、実に理にかなっているのです。目を閉じると記憶が呼び覚まされやすいですが、それではなぜ目を閉じる事が、記憶したり、思い出したり、リラックスしたりする事に役立つのでしょうか?

<目に映るもの>

スパトリートメントは、照明の点いた明るいカントリーキッチンから始まります。結局、自然の陽射しや明るいライトというのは、気分をあげる簡単な方法です。ただ、トリートメント中は目を閉じて、ストレスを解放してくれるようなエクスペリエンスの効果を味わうことでしょう。

ティム・ジェイコブは、この理由はとてもシンプルだ、と言います。目を閉じる事で、視覚情報が脳に入らなくなることで、心からリラックスすることに繋がるのです。

「目を閉じると、視覚野全体の脳波パターンは、ベータ波からアルファ波へとドラマティックなまでに変化します。」

「アルファ波は、脳内でリラクゼーションと関連づいています。脳がアルファ波を記録するというには、リラックス度が上がっていることを示しています。ですから、目を閉じる事で視覚野に届く視覚情報が減り、リラックスしてアルファ波を生み出すのです。」

<味わうこと>

ラッシュスパのトリートメントで、最後の知られざる感覚は味覚です。特別に用意されたお茶、美味しいビスケット、甘いカクテルなど、この最後の体験がトリートメントジャーニーを締めくくります。

味覚は、生きるために必要不可欠なので、満足感と結びつく傾向にあります。美味しい食べ物や飲み物を好むのは、体がまた食べたいと思わせているからです。炭水化物をもっと食べたくなるのと同じ理由です。私たちの体は、生き残るためにもっと欲しくなるようにプログラミングされているのです。

ここまででは味覚はリラクゼーションとつながりがないようですが、ではストレスを軽減したい時にチョコレートバーに手を伸ばすのはなぜなのでしょうか?

心理学者でThe Neuropsychology of Smell and Tasteの著者、ニール・マーティン教授は、チョコレートとの関係性についての第一人者です。

彼はこう話します。「研究の中で発見した、様々な食べ物の香りが脳の活動に与える影響は、実に興味深いものでした。実験に使われたチョコレートの香りは、特定のEEG(脳活動の測定法)周波数の大幅減少に関わっていました。これは、使用した中でチョコレートが一番満足感を得られ、リラックスする匂いとして評価されたからだと思います。これが、食べ物の香りが人間の脳におよぼす影響についての初めての研究でした。」

「その後の行動研究発表では、チョコレートの香りに包まれるだけで、人はストレス、不安感、緊張、疲れが軽減し、人生への満足感が増したと言いだすことがわかりました。」

<五感へのごほうび>

ラッシュスパのトリートメントは、あなたのどんな気持ちにも寄り添い、ひたすら心地よく満足していただけるように作られています。あらゆる感覚、五感をケアする事によって、日々のストレスから解放され、心からゆっくりとくつろいだリラックス状態がもたらす効果を存分に感じられるでしょう。

ラッシュスパのトリートメントが、心と体にどのように影響を与えるかを知りたい場合は、生体データを素晴らしいアートへと昇華させた、革新的映像 The Lush Spa Experimentをご覧ください。

Brain waves
Mill Image Touch
コメント (0)
0 件のコメント