FEATURED

「カカ」について話そう

髪を守り、色落ちしないオーガニックカラー「カカ」。
ナチュラルなヘアカラーをお探しのあなたに。

カカは、ただの昔からあるヒッピーの髪染めではありません。
髪に素敵な色味、艶めき、ハリが欲しいと思っている人に試していただきたい、化学薬品を使わない、オーガニックのヘアカラーです。
「カカ」ってどんなもの?という方に。これまでに多かった質問と答えをご紹介します。

■「カカ」に入っている「ヘンナ」って何?
ヘンナは中東原産の植物で、お肌や髪の装飾のため何千年も前から使われてきました。
ラッシュのカカは、最高級のペルシャヘンナ、フェアトレードオーガニックのカカオバター、インディゴ(藍)、フレッシュなオーガニックレモン果汁などが混ぜ合わせられ、ナチュラルなヘアカラーのブロックが作られています。使い方はシンプルで、輝くような色味とツヤをくれる4つのカラーから選ぶことができます。
―赤味を加える「ルージュ」、チョコレートのような「ブラン」、秋をイメージするような色味の「マロン」、暗めの「ノワール」―
ヘンナは髪をニスのようにコーティングし保護層に包み込むので、髪に輝きを与えるだけでなくコンディションを整えてくれます。

■カカはどうやって使うの?
カカのを使用する際、周りを汚してしまうことが心配な方は、友だちに協力をお願いするのも一つの手です。(一人でももちろん大丈夫です)。髪にカカをつける場所を決め、カカが落ちてしまった時のために下に新聞を敷きます。
それから、『歌舞伎』や『俳句』のような油性のクリームを髪の生え際、もしくはヒゲの生え際に伸ばし、お肌が染まってしまわない様にします。
カカをブロックごとに崩し、耐熱ボウルなど湯煎が出来るような容器に入れ、お湯を張った容器の上に置きます。カカに熱湯を加え、チョコレートが溶けたようなテクスチャーになるまでかき混ぜます。カカは熱いお湯の方が良い仕上がりになります。※熱湯には充分お気を付けください。
ゴム手袋をし、カカを清潔で乾いた状態の髪に均等に塗布します。
乾いた髪につけることでバターとカラーが髪の一本一本に染み込みます。
髪をブロックごとに分けてから、後ろの方の髪から塗布していくのがおすすめです。髪の根元から毛先にかけて少しずつ馴染ませていきます。また、カカは容器の中で常に温かい状態になっているようにしておきましょう。
色が定着するのに、少なくとも1時間は置いてください。時間があれば、2時間ほど置くことをおすすめします。髪をラップやシャワーキャップなどで包むとカラーに赤味が増し、包まずにおくと(つまり冷ますと)より暗い色に仕上がります。
最後にカカをシャンプーで洗い流します。色味は最大24時間変化し続けます(ブランやノワールを使うと最大48時間まで)。
より詳しい使用方法を知りたい方はコチラ(「How to use 」のarticleにリンク)。

■カカは色落ちしないの?
はい。
カカのカラーは徐々に色あせてきますが、洗う事で落ちることはありません。
この事と化学的に髪色を変えるのではなく、元ある髪色の上にニスのようにコーティングされる事から、伸びてくる根本の色との違いは合成染料のヘアカラーよりもずっと目立ちません。

■ヘンナはどうやって作用しているの?
遺伝子に寄りますが、髪は多くの場合2~3層になっています。外側の保護層はキューティクルと呼ばれ、平らな細胞が屋根の瓦のように重なっています。その層が守っているのがコルテックス(皮質)と言う層で、ここで髪の色素が作られます。髪の中央にメデュラ(髄質)という層がある人もいますが、この層と働きについてはまだあまり知られていません。
化学色素はキューティクルを突き抜け、コルテックスに入り髪の色を変えます。これはキューティクルの保護細胞の層の結合を切り、皮脂が毛根から毛先に行き渡りにくくします。(潤いが毛先まで届きにくくなります)合成の化学染料と違い、ヘンナはキューティクルに作用し、もう一層の保護膜を施形成します。
ヘンナで行うヘアカラーに金属塩や化学染料が入っている可能性を心配する人もいますが、ラッシュのヘンナ全色は100%天然で髪に栄養を与えるために特別に選ばれた原材料で出来ています。

■髪束でのテスト(ストランドテスト)をする必要はありますか?
はい。
人により髪色は違い、仕上がりも変わるのでテストをおすすめします。

■ヘナは細い髪にも使えますか?
はい。
とても素晴らしい仕上がりを覚悟して下さい!
髪が細く、元の髪の色が明るい方には、ルージュで最初に髪をコーティングし、赤いカラーのベースを作った後に、より暗めの色を重ねて使うことをおすすめします。マロン、ブラン、ノワールはインディゴ(藍)が入っており、青みのある染料は髪をより暗みのある色にしてくれます。最初にルージュで層を作る事で、色のバランスが取れ、より素敵な色味にしてくれます。インディゴの染料は、完全に色が定着するまでに3日程かかります。

■カールの強い髪やアフロヘアーだと、カカはどんな仕上がりになりますか?
全体の仕上がりは、元の髪色とカカをどれだけしっかりと塗布するかによります。
カール、アフロヘアの人は髪の長さにもよりますが多めのカカと、長めに時間を置く事が必要かもしれません。カールがある髪は、ねじれでキューティクルが少し開いているので、ストレートの髪より乾燥しやすくなっているのと同時に、短い時間でヘンナが浸透します。カカに少し大目に水分を加えることで、塗布がしやすくなるでしょう。
(ストレートヘアの場合は、つけやすさを考えると、もったりとしたテクスチャーになる水分量がおすすめです。

■カカは白髪をカバーしますか?
白髪にカカを使う場合は、希望の色のカカの色へと色を重ねを使用する前にルージュを最初に塗布する事をおすすめしています。白髪は通常完全にカカでカバーされる事はありませんが、自然なハイライトが生まれることによって髪をきれいに見せてくれます。

■カカを続けて使いたい時は、時間を開けないといけませんか?
いいえ。
カカは使えば使う程髪のキューティクルがヘンナで覆われていきます。つまり好きな時にご使用いただいて問題ありません。毎月使えば、鮮やかに綺麗な色を保てます。

■カカに他の原材料を加えてもいいですか?
はい。
少し大変かもしれませんが、お好みに合わせて加えていただけます。
私たちのヘナブロックの特許をとっているレシピは、既にフェアトレードの100%トレーサブル(追跡可能な)カカオバターと、レッドヘナやインディゴなどの天然の染料が入っています。これに加え良い働きかけのあるクローブ芽油なども入っています(頭皮を心地よく刺激する原材料として知られています)。
ルージュとマロンには、髪に輝きを与え、オレンジ色を抑えるためにフレッシュなオーガニックレモン果汁が加えられています。ブランとマロンには粉末コーヒーが入り、ブルネットの髪色の色を際立たせ、艶めかせる働きがあります。

■カカは暗い色の髪にも使えますか?
はい。
使う色、髪質によりますが、元の髪の色が暗い場合には、色付きは強くはでません。
元の髪の色を活かしながら、髪のコンディションを整え、輝くような艶を与えます。

■カカは化学染料と一緒に使えますか?
化学染料の後にカカをご使用ください。ヘナトリートメントの後に化学染料を使う場合は、4週間ほど時間をを空けることをおすすめします。
これはヘンナはキューティクルをニスのようにコーティングし、化学染料がコルテックスに入り色や髪の形状を変えるのを防ぐからです。このため、パーマもヘナをしたばかりの髪にはかかりにくくなる可能性があります。

コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(4)

関連商品

4 項目
ラッシュ カカ・ブラン
ヘアマニキュア
ホットチョコレートのようなダークブラウン
¥2,000 (税込)
 / 
325g
ラッシュ カカ・マロン
ヘアマニキュア
栗色に色づく輝く髪に
¥2,000 (税込)
 / 
325g
ラッシュ カカ・ルージュ
ヘアマニキュア
髪を赤く色づけて華やかな気分に
¥2,000 (税込)
 / 
325g
ラッシュ カカ・ノワール
ヘアマニキュア
漆黒があなたを包み込む
¥2,000 (税込)
 / 
325g