FEATURED

私がラッシュで働く理由

ハッピーな気持ちは、伝播する

ボムルーム ルームマネージャー 北島麻有さん

日本国内はもちろん、アジア各国のラッシュショップにフレッシュな商品を届けている、神奈川県愛甲郡にあるラッシュの製造工場。キッチンと呼ばれる製造拠点には、アイテムのカテゴリーにごとに専用の製造ルームがあります。お風呂に入れると、絵画のように美しいアートを描き出す入浴料として知られる『バスボム』。主にこのバスボムを製造するボムルームのマネージャーとして活躍するのが北島麻有さん。バスボムの製造だけでなく、所属するチームを率いるリーダーを担う北島さんは、小さなお子さんをもつワーキングマザーです。

「入社前、初めてラッシュのショップに入って、自分で購入したアイテムの一つがバスボム『シンク ピンク』でした。可愛くって、いい香り。その魅力に、一瞬にして虜になりました。その後も、母へのプレゼントにギフトを購入したりしている中、ふと手にした商品を見てみると、貼付してあったラベルに作った人の名前や似顔絵のステッカーがあって。それを見て、どんな人が作ってくれたのかなぁと、思いを馳せていたんです。」

専門学校で保育や福祉を学んでいた当時、進路に悩んでいたころ、ラッシュのウェブサイトで求人情報を目にした北島さん。そして、偶然にもその製造工場が、自分の地元の愛甲郡の愛川町であることを知ったと言います。

そして、2008年にラッシュジャパンに入社し、製造部門に配属。様々な商品の製造を担当してきました。そして今年2018年に、入社10年を迎えます。この間に、北島さんには結婚や出産など、ライフステージにも変化がありました。

「ルームマネージャーに着任する直前というのは、ちょうど結婚が決まったタイミングでもありました。将来子どもも欲しいし、ここで責任のあるポジションに自分がついていいのか、自分に務まるだろうかと葛藤もありました。でも、そんな時に、周りのメンバーの、『サポートするよ!応援するよ』と言ってくれた言葉に背中を押され、ルームマネージャーという新しいポジションにチャレンジすることができました。」

10年間で、自分自身が成長できたと話す北島さん。北島さんから見た、働く場所としてのラッシュは、一人ひとりの変化に対して、その都度適切なサポートがあって、どんな状態であってもやる気さえあればチャレンジできる機会があり、柔軟性を持って受け入れてくれる職場だと感じるそう。

「どんな時も、チャレンジの場がたくさんあるんです。そしてサポートしてくれるチームワークがある。ハンドメイドで商品を作るからこそ、やはり『人』がキーで、『人のパワー』が大事。自分の芯を持っている人、ちゃんとやりたいことが見えている人、そういう人が活躍できる場所です。こんなことをやってみたい、ここに挑戦したいという気持ちが少しでもある限り、成長できると信じられます。そんな人たちと一緒なら、惜しみなく一緒に頑張ってみようと思えますから。」

北島さんが、常に大切にしているのが、ラッシュの信念にある「ハッピーな人がハッピーなソープをつくる」という一節。

「一緒に働くチームのみんなが『ハッピー』と感じられているかな、ハッピーな気持ちで仕事に取り組めるかなと、いつも気にかけてケアするようにしています。そして、スタッフ自身がブランドやラッシュの信念についてより深く理解して欲しいと思いますし、その上で、商品にその気持ちを反映させていって欲しいと思います。」

そして、その周りのメンバーがハッピーに働けるために自分が行動を起こし、チームのメンバーと一緒に成長していくことが、一番のやりがいだと語る、北島さん。一方、職場以外でハッピーを感じる時間は?という質問には、こんな答えが返ってきました。

「私自身のプライベートでの幸せな時間と言えば、子どもと過ごすひととき。休日には、ずっと子どもと一緒に公園に行ったり、海に行ったり、山に行ったり。最近の趣味は、サボテンなどの多肉植物を育てること。アースデイなどのイベントに行くのも楽しみの一つです。」

ラッシュで、ハッピーなチームメンバーと一緒に成長することを楽しみ、大切な家族と過ごす充実した時間を過ごしながら、改めて北島さんがラッシュで働く理由とは?

「思い起こすと、私がラッシュで働くと決めた時、私以上に喜んでくれたのが、ラッシュの商品を愛用していた母でした。そして今では、父がラッシュの商品を人にあげたいといって、お世話になった人にプレゼントをしたりしているんです。私や私のチームメンバーが携わっている商品を選んでギフトにしてくれること、自分の家族が、私の仕事を誇りに思ってくれていること。こんな嬉しいことはありません。私自身にも家族が増え、働き方も変わりました。悩むこともありますが、周りのみんなのサポートに感謝しながら、仕事でチャレンジできることは、私にとってのハッピーですし、私のハッピーが周りの人のハッピーに繋がっていると感じられることは、何よりの喜びです。」

ラッシュで働く、情熱に溢れた仲間たち

ラッシュ ボムルームマネージャー
コメント (0)
0 件のコメント