FEATURED

私がラッシュで働く理由

自分が歩んできた軌跡を、次の世代に渡せるような緑豊かな道をつくる

クリエイティブバイヤー 黒澤千絵実

ラッシュにおけるバイヤーとは、ビジネスを土台とし、原材料の購買を通して世界をより良い場所へと変える改革者。環境やコミュニティに良い影響をもたらす生産者から原材料を調達することでは、より良い未来につながると信じているからです。つまり、バイヤーは、原材料の生産者の未来への熱い想いと、お客様とをつなぐ存在ともいえるのです。

黒澤さんは学生の頃からラッシュの商品を一人のカスタマーとして愛用していたと言います。

「イギリスに住んでいた小さい頃、母にフレッシュフェイスマスクをプレゼントしてもらいました。その当時からラッシュの商品を当たり前のよう使っていましたが、高校生の頃は限りある自分のお小遣いでロックスターソープを100gギリギリくらいで買っている時代がありました。お店の雰囲気やスタイルがその頃から好きでした。」

学生時代からラッシュのファンであり、「美しさに犠牲はいらない」という動物実験に反対するメッセージが心に響いたと話す黒澤さんがラッシュで働き始めたきっかけは何だったのでしょう。

「イギリスに留学していた大学生の頃、アルバイトを探していました。ちょうど私が住んでいた街にラッシュのショップがあって、テンポラリースタッフを募集していました。ラッシュが好きだったので、もし応募して落ちてしまったらお客さんに戻れないかもと躊躇しましたが、結局応募しました。実際に1日店頭に立って仕事をしてみて欲しいと言われ、商品の紹介やデモを行った後、ギリギリ受かったと連絡がありました(笑)。自分の好きな商品をお客様に紹介する事がとても楽しかったですし、何より働いていてとても気持ちのいい環境だったなぁ、ということを覚えています。」

テンポラリー契約終了後も長期契約スタッフとなった黒澤さんは、その後2年間イギリスのショップで働きました。大学卒業後、日本へ帰国し就職活動を始めた黒澤さんは大好きなコスメに携わる仕事を探していました。

「イギリスのラッシュで働いていた時は、今までお客様に『美しさに犠牲はいらない』というメッセージや、フレッシュなコスメの素晴らしさをずっと伝えてきたのに、動物実験を行っている他の化粧品を扱う企業に入社したとして、私は自分の人生に納得できるのかなって自分自身に問いかけたんです。そして、私は自分の好きなラッシュで働こうと決意しました。」

こうしてラッシュジャパンに入社した黒澤さんは、神奈川県にある製造拠点、通称「キッチン」のギフト製造スタッフとして1年半、次にメイクアップアイテムの製造スタッフとして働いた後、現在所属するバイイングチームに異動し、5年が経とうとしています。

「日本に帰国してラッシュジャパンの製造部門で働きたいと思った背景には、ショップで商品のことを伝える立場から、今度は”FRESH HANDMADE”という信念をもとに商品を製造することで、さらにラッシュの信念に近づきたいという思いがあったからです。約2年間、製造での経験を得ていく中で、“FRESH HANDMADE”な商品を実現するためには作り手もそうですが、その先の原材料がラッシュの商品に必要不可欠なものだと実感し、その原材料を国内・海外問わず各地から探す部署であるバイイングチームで働くことに魅力を感じるようになりました。製造で一緒に働く人たちが、自分たちの作った商品により誇りを持てるような、そんな原材料や資材を探したいと思ったのが異動を希望した理由でした。」

バイイングチームに異動した黒澤さんは、豊かな地球環境や平和な社会を次世代に引き継ぐために活動している方々に出会う機会が多く、そんな人たちから多くのインスピレーションを受ける刺激的な毎日を送っていると話します。

「その反面、世界で起こっている環境や社会問題の深刻さを知る機会も増えるので、私には何ができるのかと考えさせられる機会も多くなりました。地球温暖化や海洋汚染などの問題は、すぐに解決できるような簡単なものではないけれど、バイイングを通して出会った人たちと一緒になって、もっと良くしようと行動を起こせる機会がラッシュにあると感じています。ラッシュで働いて、多くの方々と関わることで、いつか自分の辿ってきた軌跡を振り返った時に、緑豊かで、自信を持って次の世代に渡せる道ができているといいなと考えながら、今の仕事に向き合っています。」

そんな黒澤さんには思い入れのあるプロジェクトがあります。

「自分が一から携わった商品が発売するまでは、どんなものだとしても今でもドキドキします。2014年にアトリエ・エレマン・プレザンの方々と一緒にKnot Wrapという風呂敷からインスピレーションを受けたギフトラッピング商品の企画を手掛けた時は、発売する前日に『これからたくさんの人の手に渡っていくんだなぁ。一人でも多くの人に使ってもらえますように!』と思いながら、興奮してなかなか寝付けなかったことを覚えています。 この感覚は今でも同じで、自分たちが共感した生産者や団体の方々が手掛けた原材料が、商品に使用されてお客様に届いていることはとても喜ばしいことですし、原材料を生産している作り手から商品の作り手、そしてそれを使う人とすべての人が満たされるような商品づくりに携わることができることがバイイングチームで働く醍醐味だと思います。」

「バイイングチームに異動して、あっという間に5年が経ちましたが、昔の自分では予想もしなかった経験や出来事の連続です。自然農法を実践している方から土と微生物の関係を学んだり、アフリカのザンビアに行き、現地で密猟の残酷な実態を聞いたり、放射能汚染という問題に立ち向かい福島の土地と地域を再生することを胸に菜種の栽培に力を入れる方の熱意に感銘を受けたりなど、そのすべてを私たちは原材料という形で人々に伝える責任と、そして何よりそれを伝えられる術を持っています。ですから、どういった方法で仕入れをすればお客様ダイレクトにそのメッセージをお届けできるかを考えながら、仕入れ設計を白いキャンバスに絵を描くように作り上げていきます。だからラッシュのバイヤーはクリエイティブバイイングという言葉を使っています。」

いつもすべてが順風満帆というわけではありません。仕入れの設計時に思わぬハプニングが訪れたり、仕入れを始めた後も気候変動によって供給が不安定になるという原材料も少なくはないので、そのような壁にぶつかった時でも、柔軟に解決策を作り上げていけるのがバイヤーで、そういった意味もクリエイティブバイイングという名前に込められている、と語ります。

「たとえ失敗して全てを失ったとしても、再びやり直す権利がある」と謳うラッシュの信念と自分の信念がマッチしていることが、転んでもまた立ち上がる力になっていると話す黒澤さんは、バイイングチームで働く上で心がけていることがあります。

「私たちバイイングチームは、人と繋がる仕事だと思っています。農家さんや生産者の方とは信頼関係で成り立っている部分もあるので、自分の知識不足や経験不足が原因でつながりを持った方々に迷惑をかけてしまうことがないように、素直になんでも聞くようにしています。私たちは環境問題の改善に取り組んではいますが、エキスパートではないので傲慢にならずに素直に分からないことはどんどん聞いて吸収するように心がけています。知らないことをその場で聞いて経験に繋げられることは恵まれた環境にいると思いますね。」

イギリスのショップで働いていた期間も合わせて約9年間ラッシュで働き続けている黒澤さんに、ラッシュで働き続ける真意を聞いてみました。

「至るところに常にチャンスがあって、いろんな事が常に起こっていて、チャレンジができるので常にモチベーションを高く保つことができるんです。バイイングチームだと、ある時は原材料を求めて山を登ったり、試作品を自分たちの手で一から手作りしたり、砂から砂金を探すように途方に暮れる感覚もありますが、そこで見つけたモノが実際に商品になることにワクワクしたり、達成感に繋がっているのだと思います。」

「働き続けている理由はたくさんありますが、私は私自身の良心を常に大切にしています。会社のためにも環境や動物のために良いと思って働くこと。感動することとか刺激とかも大切だと思いますが、倫理的であることを追い求めていくことにゴールはないので、私にとって一定のところで終わりだと思わずに続けていくことができる会社だと思えることが、最大の魅力だと思います。」

ラッシュで働く、情熱に溢れた仲間たち

Chiemi Atelier Element Present
Chiemi Fukushima Rapeseed
コメント (0)
0 件のコメント