FEATURED

絶滅の危機に瀕しているオラウータンに私たちができること

スマトラオラウータンは絶滅に瀕し、さらに彼らの住処である森もまた壊滅状態にあります。

ラッシュは自然保護団体Sumatran Orangutan Society (SOS)と共に、スマトラ島ブキットマスにある50ヘクタールのパームオイルプランテーションを買取り、熱帯雨林に再生させる新しいキャンペーンを開始します。かつては豊かな森林だったこの場所を、生態系を脅かし森林破壊を助長するパームオイルプランテーションから、熱帯雨林に戻し、オラウータンが再びこの土地に足を踏み入れ生活ができるようになることを最終のゴールに、チャリティ商品の発売を通した資金集めを行います。

このキャンペーンは2017年のブラックフライデー(2017/11/24)に開始されます。このキャンペーンに関する質問は、以下でお答えしております。

---50ヘクタールの土地を購入するための資金ははどの団体に送られるでしょうか?

UKを拠点とするチャリティ団体であるSumatran Orangutan Society (SOS)は、オラウータンと熱帯雨林の保全活動に関する開発や資金集めを現場の最前線で行い、またスマトラ島に生息する多様な生態系とその生息地が、それらが直面している絶滅の危機から守る活動をしています。そして、スマトラオラウータンとその生息地を守ることを目的としているスマトラを拠点にするパートナー、Orangutan Information Centre(OIC)が、今回のキャンペーンを通して集まった資金で50ヘクタールの土地を購入します。

---なぜルスル地域(Leuser Ecosystem)の森林保全が必要なのですか?

ルスル地域はスマトラ北部にある95万ヘクタールにのぼる原生林で、高山草原や豊かな水源、低地常緑樹林、清らかな湖や川、そしてなによりも炭素隔離において重要なエコシステムである泥炭地があります。

現在この地域には4000種を超える植物が確認されており、50の固有種を含む380種もの鳥が生息し、さらにスマトラにいる65%の生物はこの生態系内に生息しています。そしてここは、絶滅が危惧されているオラウータンとトラ、像、サイが共存する世界で唯一の場所でもあるのです。

---ルスル地域では、現在何が問題になっていますか?

この土地で行われていた従来の農法における原生林の破壊が問題になっています。これには森壊して作られた大規模なパームオイルのプランテーションやココアやヤシ、オレンジなどを育てている小規模農家も含まれています。近年では、水力発電や地熱プラントなど、広い土地を要する発電施設も森林破壊の一因となっています。

---なぜSOSが行っているパームオイルプランテーションを森に再生させることが大切なのですか?

ブキットマスにある50ヘクタールのパームオイルプランテーションは原生林の目の前に位置しています。SOSはこの土地を緩衝地帯とすることで、まだ人間の手がつけられていない原生林を森林破壊や不法伐採から守る役割を果たしてくれるのではないかと考えています。そして森を再生させ、野生生物が生息できる場所を新たに作ることで、多くの絶滅に瀕している種に生物多様性のある豊かな生息地を提供できると予想されています。一度人間の手によって失われた自然が元あるべき姿に戻るのです。

---森林再生までのプロセスはどのようなものですか?

まずヤシ油の木を伐採した後、大木のように長期に渡って安定して育ってくれるスマトラ固有の極相種植物を20-30種類を植林します。一旦これらが成長すると、森に木陰を生み出し、それが他の植物を直射日光から守り、成長させます。鳥や哺乳類が住処とするような植物を植えることによって、生物がこの土地に移住し始めます。そして彼らが種の散布を行います。このようなプロセスにより、この50ヘクタールの土地が生物多様性のある豊かな森に成長するのです。

---このキャンペーンの目的はなんですか?

  • 人によって作られたプランテーションをオラウータンなどが生息できる自然に再生させることで自然環境にポジティブな変化をもたらす一例を作ります。

  • 気候変動における炭素隔離の重要性を説きます。熱帯雨林の保全は、炭素を吸収し蓄積する重要な役割を果たします。

  • プランテーションによる農業がもたらすエコシステム破壊の問題についての認知を広めます。

  • ヤシ油が精製される過程で起こる様々な問題の提起を行います。

  • プランテーションによるスマトラ固有の部族や野生生物への搾取や疎外を世界に向けて広めます。

---オラウータンソープを買いそびれた場合、どうやってこのキャンペーンに関わればいいですか?

スマトラのオラウータンたちを守り、熱帯雨林の保全活動を応援するには、ハッシュタグ#SOSsumatraを使ったソーシャルメディアでの投稿やSumatran Orangutan Societyに登録し情報を得ることで、周りの人たちに向けて情報発信を行い、このキャンペーンを盛り上げていきましょう。
https://www.orangutans-sos.org/join/

コメント (0)
0 件のコメント