FEATURED

グルメソープって何?

世界中の"Regenarative"な(人・社会・環境を持続するだけでなく、より良くするための活動を行う)コミュニティから調達された原材料を使用して、新たな処方で開発されたグルメソープができました。

ラッシュは、ソープ製造におけるパイオニアであることに誇りに思っています。そして、このグルメソープの製造プロセスに関しては、ソープを新たなステージへと引き上げる挑戦でした。 気持の良い柔らかさで、もっちりとした泡立ちのもの、リッチでクリーミーな泡立ちのものなど様々ですが、いずれも見た目に美しく、素晴らしい香りをもっています。
なぜ、グルメソープは素晴らしいソープといえるのでしょうか? まずひとつは、石ケン素地です。ラッシュがラッシュのために開発した独自の石ケン素地を、リフォーミュラしました。化粧品会社にとって、既製の石ケン素地を購入することの方が通例です。ですが、独自で石ケン素地の開発を社内で試してみることで、ラッシュの商品開発チームは、テクスチャーや泡立ちに様々な変化が生まれ、また原材料のバリエーションを持たせることで、独創性とともにその成分の透明性にもつながりました。
また、モノプロピレングリコールやパームオイルなど、持続不可能な原材料を取り除くよい機会にもなりました。代わりにココナツオイル、カカオバター、ヒマシ油、砂糖、グリセリンなど自社で配合した基本のベースに、それ以外の栄養たっぷりな素晴らしい原材料とを組み合わせることで贅沢な仕上がりにすることができるのです。
ラッシュの商品開発者で化粧品科学者のダニエル・キャンベルは次のように説明しています。「グルメソープは、よりクリーミーでコンディショニング性が高い傾向があります。 この新しい石ケン素地は、通常のソープの領域をはるかに超えた存在です。お肌に素晴らしい効果をもたらす、まったく異なる泡立ちをつくることができるのですから。」
同じく、商品開発者の一人であるウェズリー・バレイジは次のように付け加えています。「ココナツは良く泡立ちますが、乾燥がちなため、原材料のバランスをとるために、他のグルメソープの石ケン素地とブレンドして使用します。 『ロウィーナ・バード グルメソープ』などは、石けん素地を1種類のみ使用していますが、他のもは3、4種を組み合わせて使用しています。」
重要なのは、新しい石ケン素地が原材料の調達に関しては、トレーサビリティをより高めているという点です。「標準化された既成の石ケン素地を購入した場合、本質的には、私たちはそのフォーミュラの大部分に対して責任を負いきれないのです。」とダニエルは説明します。 「ですから、石ケン素地を独自に開発することで、私たちがどんなソープをも自由自在に、フレキシブルに作ることができるのです。 私たちは、使用しているオイルがどこから来ているか知ることができますし、不要な添加物が加えられていないことも確認できるのです。」

中身が大事

『オリーツリー』『ロウィーナ・バード グルメソープ』、そして『つながるオモイ』は、豊かで豪華な原材料を配合しています。それらは、世界各地の環境に配慮された、再生可能なコミュニティプロジェクトで収穫、加工されています。
『オリー ツリー』を例にとってみましょう。 この緑色のソープは、サイプレス、プチグレイン、ダマスクバラ油、クチナシエキスといったすばらしい香りをもつ原材料を使用しています。青々とした香りが爽やかな牧草地を連想させ、グリーンオリーブやローズウッドはお肌のバランスを整えてくれます。 どの原材料も特別ですが、お肌全体をしっとりと潤すオリーブオイルは、特に特別な存在です。
使用しているオリーブオイルは、パレスチナのマルダで、SLushがサポートするプロジェクトから調達されました。この地では、現地の農家が政治不安に直面して生計を立てることに苦労しています。この『オリーツリー』で使用されているオリーブオイルは、この地域社会を支援する独自の農業プロジェクトの一部です。 マルダ・パーマカルチャー・ファームは、地元の人々が長年にわたって収穫した高品質のオイルを生産するため、村で暮す家族たちにパーマカルチャーの3つの原則 、『地球をケアすること、人々をケアすること、公正に共有すること』 という考えをもってサポートしています。 多くの農家が、現在オリーブ畑へのアクセスが制限されている中で、このコミュニティは、イスラエルが占領する西岸地区いおいて、非暴力のひとつの形を示しています。
『ロウィーナ・バード グルメソープ』に使用している貴重なアルガンオイルは、オリーブオイル同様、インスピレーションに満ちたプロジェクトに由来します。 この香り高くソフトなテクスチャーのソープは、モロッコの女性協同組合から調達されたアルガンオイルがベースとなった石ケン素地によるものです。 22の村に渡って構成された共同組合は、各コミュニティが安定した収入源を確保することに貢献します。また、ECOCERオーガニックとフェアトレードのステイタスに至るようにサポートする意味で、継続的なトレーニングと評価を与えることで、適正でフェアな価格でオイルを取引できることにつながります。
ベルベットのような滑らかさの『ロウィーナ・バード グルメソープ』 は、スムーズでクリーミーな泡立ちに加え、お肌を清潔に整えながらイキイキとした感触を残してくれます。 セニールの家族経営の会社から買い付けられたトルコ産のローズオイルとアブソリュートが、 お肌の上で花が咲くように美しく広がり、深みのある大地を思わせる香りが広がります。
一方『つながるオモイ』は、ふわりとした感触と、お肌のコンディションを整える泡、そして繊細なフローラル系の香りをもっています。 絹豆腐とシメジの繊細なブレンドは、お肌を柔らかくし、オレンジフラワーアブソリュートが、優しく香りを残します。 穏やかで控えめなブレンドですが、その石ケン素地に使用している菜種油は福島県のコミュニティに大きな影響を与えています。
福島第一原発の事故の影響を受けた福島・南相馬で栽培されている菜の花。菜の花には、土壌からセシウムを吸い上げる働きがあり、これによって土地に大きな再生効果があることが判明しました。 しかし、その「再生」はそれだけにとどまりません。 ダニエル・キャンベルは次のように説明しています。「菜種からオイルを抽出すると、水溶性のセシウムは種にとどまり、オイルには移行しません。化粧品に使用する上でも安全かつ、バイオレメディエーション(生物学的環境修復)によって土壌を浄化することができます。 その結果は、自然の力を使用した土地の再生と言えるでしょう。」 この発見によって、仕事を放棄せざる得なかった米農家の人々にとって、未来を築くことにつながったのです。

使い心地が良いこと、そして社会にも良いことを

新しいスタイル、新たな原材料によってリフォーミュラされたグルメソープは、シャワータイムに使うことで、お肌に素晴らしい効果を発揮すると共に、生産者には、高品質の原材料を生産するための時間と手間を掛けることができるようになります。 地域社会を支えると同時に、ラッシュの商品の原材料供給のために生産するというゴールに向かって、1つの大きな飛躍を意味しています。
「グルメソープのコンセプトには、感嘆をおぼえます」とラッシュの共同設立者のマーク・コンスタンティンは言います。 「社会と共生すること、そのために行動すること。こうした社会性が果たす役割や影響力は、とてつもなく大きいのです。でも、今の今まで、こういったことを成し得た人は、誰一人いません。」

グルメソープはこちらから
>>>『ロウィーナ・バード グルメソープ』
>>>『オリーツリー』
>>>『つながるオモイ』

ラッシュ つながるオモイ
ラッシュ ロウィーナ・バード グルメソープ
コメント (2)
2 件のコメント

Maclover

ショップについて 3ヶ月 前に

『つながるオモイ』を使った時に、泡立ちがきめ細かくクリーミーでビックリしました。グルメソープという名前とコンセプトを聞き、これこそお肌と社会環境にとってのグルメだと思いました。石ケン素地まで自社製造するなんて、本当に原材料にこだわるラッシュならではだと思います。環境にやさしいという話は良く聞きますが、商品を通して地球の「再生」に取り組むことができるなんて、まさに「感嘆」です。『オリーツリー』と『ロウィーナ・バード グルメソープ』も早く使いたいです。

LUSH STAFF

ショップについて 3ヶ月 前に

嬉しいコメントありがとうございます。新商品の『オリー ツリー』は、LUSH SPAのラグジュアリーなトリートメント「ザ プラネット」のフェイシャルケアでも使われるくらい、贅沢な仕上がりのソープです。お肌にも地球にも優しいソープを全身で楽しんでくださいね!ラッシュは今後もお客様の期待に応えられるよう、イノベーティブな商品の開発に取り組み続けます。カスタマーケア:Toko
関連商品(3)

関連商品

3 項目
ラッシュ つながるオモイ
グルメソープ
希望のひとしずく
¥1,300 (税込)
 / 
100g
ラッシュ ロウィーナ・バード グルメソープ
グルメソープ
バラの香りに包まれて安らかな時間を
¥1,300 (税込)
 / 
100g
ラッシュ オリー ツリー
グルメソープ
大地の恵みがもたらすよろこびを
¥1,300 (税込)
 / 
100g