INGREDIENT

テオブロマグランジフロルム種子脂

Theobroma grandiflorum

コンディショニング効果と柔軟効果
35
商品 この原材料が使われている商品

カプアス(学名: Theobroma grandiflorum)は、アマゾン熱帯雨林地帯を原産とする熱帯樹です。 カカオ豆が採れるカカオの木と植物学上のつながりがあります。 背は20メートルほどの高さまで成長し、大きくずっしりとした楕円形の実をつけます。 果肉は甘酸っぱい風味で食用に適していて、種は栄養価満点です。

詳細

詳細

カプアスバターは、ソフトで栄養分を多く含むエモリエント剤で、水分をよく吸収します。 乳化剤を安定させ、お肌に潤いを与えます。 カプアスバターには、身体によい脂肪酸(パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸)、植物性ポリフェノール、ステロールが含まれています。 オレイン酸 (オメガ9単不飽和脂肪酸)には、独特な皮膚を整える作用があります。 お肌と髪を保護して潤いを与えます。 パルチミン酸とステアリン酸のコンビネーションは、天然の植物性乳化剤の役割を果たします。販売されている合成のステアリン酸は、ロウ状の乳化剤で化粧品に使われています。 

カプアスバターは、コールドプレス法で抽出されます。 クリーミーなバターは、ホワイトチョコレートの材料にも使われています。 ラッシュでは、アマゾン川流域で収穫された野生カプアスの実を使っています。実が熟して木から落ちると、地元の協同組合により収集されます。 この仕組みにより、地域住民に収入源を提供しながら、ラッシュは素晴らしい原材料を仕入れることができるのです。

カカオバター同様、動物性のラノリンのビーガン版代用品として使われています。

カプアスバターに含まれる植物性ポリフェノールには抗酸化作用があり、フリーラジカルと呼ばれる原子を破壊するはたらきがあります。フリーラジカルとは、通常の新陳代謝や日光、公害、タバコの煙によって発生する物質です。 フリーラジカルは反応性が非常に高く、細胞内で有害な連鎖反応を起こし、エージングやがんとの関連性があると示唆されています。

テオブロマグランジフロルム種子脂 がこれらの商品に入っています
35
商品 この原材料が使われている商品
テオブロマグランジフロルム種子脂 がこれらの商品に入っています
NEW
ラッシュ ゴスフェアリー
マッサージバー
なんて神秘的な妖しさ!
¥1,060 (税込)
 / 
30g
ラッシュ 抱擁の満月
フェイシャル美容バー
美しいお肌の秘密のレシピは・・・
¥1,250 (税込)
 / 
20g
ラッシュ ロージーロリポップ
リップバーム
花々がもたらすよろこび
¥1,180 (税込)
 / 
12g
ラッシュ 責任感
リキッドアイライナー
自らを律して
¥2,360 (税込)
 / 
4g