FEATURED

The Dawn of Metamorphosis - メタモルフォシスの夜明け

テキサス州のダラス出身の、ポストインダストリアル、オルタナティブ系ミュージックグループと、この真っ黒なバスボムに共通するものはなんでしょう?-それはもちろん、マイク・グラフ!「マイク・グラフって誰?」皆さん、きっとこう思うでしょうから、Hal Samples and Iamesh (ハル サンプルズとアイメッシュ)の言葉を通して彼をご紹介させてください。

 

 ラッシュに欠かせないもの、それは「ストーリー」。ラッシュは、さまざまなストーリーを深堀し、インスピレーションの元にすることが大好きです。ハルがゴリラパフューマーであるマークとサイモン・コンスタンティンにマイクの事を話した時、その新たな関係から素敵な何かが生まれる気がしていました。

 全てはハルとマイク・グラフがギターを担当するバンドのCourse of Empireの楽曲「Dawn of the Great Eastern Sun」とのつながりから始まりました。この楽曲を聞くことで、祖父を失ったハルは心が安らかになったのです。この話は、ラッシュの2人の調香師にも共有されました。

 この曲は鳥のさえずりから始まり、遅れて優しいギターへと移ろいます。あたたかさと“動”の感覚をもたらしてくれます。中でも、この“動”の感覚は、バスボムの色の変化や、外側から内側の層へと香りが変わるさまとして変換して解釈することができます。

 「自分の変容に影響したアートの素晴らしさや、メタモルフォシス(変身)の早い段階から、ある曲があった事をマークとサイモンに話しました。何度も聞いたこの曲には、マークもサイモンも耳にしてすぐに影響を受けた事が分かりました。」

 「私にとってのこの曲の偉大さ。それは、私が19歳のときに祖父を亡くし、正気では無くなった事が何度かありましたが、でもそれは、誰もにありえる話であり、ハルのメタモルフォシスに限った話ではありません。マークは『人間ならば皆、何かしらのメタモルフォシスを経験する。誰にでも起こりえる事だ』と私からこの思い込みを取り去りました。」

 「今日に至っても、この曲は偉大です。この曲との関係ですが、MTVで観てファンになったのです。彼は、昔ダラスに住んでいて、現在はヘルレイザーのような映画に曲を書いている、ロックの神のような存在です。出身が同じである事も、最高でした。話は飛んで17年後、ある人が友人の紹介で家を訪ねてきました。子どもの自画像を描いてほしいと言ってやってきた彼こそが、マイクその人だったのです。数分後にはウェインズ・ワールドのような感じで『すげえ、大ファンだったんだよ!』と言っていました。」

 「自分のスタジオに改めて招きショーをしてもらいました。これがマークとサイモンとラボで観たビデオでは、最初にマイクがこう言います『父はアーティストでした』。ビデオでマイクはいくつかの自分の作品を共有し、部屋に並べたアート作品を回りながら楽器的な解釈を伝え、作品の紹介をしました。サイモンとマークがマイクの作品を観る体験をしたのがラボであるのも、ぴったりだと思いました。ナイト・ギャラリーと名づけました。「ラボで2人にビデオを見せると、実際に何と言っていたかは思い出せませんが:『うわぁ、すごいね』と驚いており、私は『でしょ?友だちだから、良かったら電話も出来るけど?』と言うと、マークは『電話してよ』と言ったので電話をすると、マイクが出ました。

 「Dawn of the Great Eastern Sunは、私にとって薬のような存在だった所が素晴らしかったのです。心をつかまれ、19歳の時でも効き目がありましたが、数十年にかけて立ち返ってもあの頃と同じ偉大さを保っています。この曲が自分にどれほどの影響を与えたかをマイクに伝えた後、マークとサイモンがどれほど影響されたかを目の当たりにし、自然とマークはマイクに「この曲に香りがあったら、どんな匂いだと思う?」と聞きました。マイクは「きっと優雅な香りだろうね」と答えました。

 

ハル・サンプルズ制作のドキュメンタリー映画『Samples Society Metamorphosis』はこちら

「自分の変容に影響したアートの素晴らしさや、メタモルフォシス(変身)の早い段階から、ある曲があった事をマークとサイモンに話しました。何度も聞いたこの曲には、マークもサイモンも耳にしてすぐに影響を受けた事が分かりました。」

コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(0)

関連商品

0 項目