FEATURED

生活に「アーユルヴェーダ」を取り入れるための5つのヒント

Lush Life × Ayurveda (アーユルヴェーダ)

 

「アーユルヴェーダ」という言葉を聞いたことはありますか?この言葉はサンスクリット語のayur(生命)とveda(科学)から成り、生命の科学、すなわち決まった慣習を実践することで健康的な生活を持続されること、と訳されます。これは同時に、インドのヘルスケアシステムの根本でもあります。アーユルヴェーダとは精神と身体を労わり、休ませることによって、体調不良や病気を防ぐ慣習なのです。

アーユルヴェーダの理念を生活に取り入れることは、実はとっても簡単。もうすでに実践できている方も多いでしょう。そういう方も、疲れやすさや体力の低下を感じている方は、改めて次の5つを意識して生活してみてください。

1.心地よい休日のスターターに一杯の「レモン入り白湯」を。代謝をあげるだけでなく、体の免疫システムの改善も体感できるでしょう。

2. なるべく徒歩を心がけましょう。特に朝の通勤時は、普段車やバスで移動する区間を徒歩にすることで、全身に酸素が行きわたり、頭と体の準備が整います。

3.夜、質の高い休息をとるためには、世界から自分を切り離すことがポイント。寝る直前ではなく、しっかり時間をとって全ての電子機器をオフにしましょう。たった5分前であっても、それは意味のあることです。灯りを暗くし、リラックスして1日の終わりを過ごしましょう。寝付きづらいと感じている方は、カモミールティーを試してみて下さい。

4.ボディケアをする時に、オイルを使ってマッサージをしましょう。アーユルヴェータでは、あなたの体の中でも最も大部分を占める器官;肌にオイルをことを推奨しています。マッサージによって血行が促進され、肌も明るく血色がよくなることでしょう。

5.可能なことは、何でも習慣づけることが大切です。早起き、徒歩、仕事、早い時間の食事、また6〜9時間の睡眠を毎晩とること... 私たちの体はリズムとサイクルを基にしています。同じ習慣を繰り返すことで、身体と精神にポジティブな影響が表れることでしょう。

 

そう、特別なことはなにもありません。大切なのは、心と体のバランスをとり、身を置く環境と行動すべてが調和していること。調和を保つための習慣や行動を意識することです。精神と身体に向き合いながら、健康的な生活を送りませんか?

コメント (0)
0 件のコメント