FEATURED

イヌワシプロジェクト前編:イヌワシの狩り場を奪ったのは誰か

2メートルにもなる翼を広げ、時速200kmにもなるスピードで自由自在に空を翔ることから「風の精」とも呼ばれるイヌワシ。今、このニホンイヌワシが絶滅の危機に晒されている背景にあるのは、日本人の森林との関わり方の変化です。

【絶滅が危惧される日本のイヌワシ】

 日本に生息するニホンイヌワシ(以下、イヌワシ)は世界的に見ても珍しい特性があると言われています。一般的なイヌワシは、広く北半球の高緯度地域、特に草原地帯や低灌木地帯が広がる開けた自然環境を生息地とします。そもそも国土の7割を森林が占める日本にイヌワシが生息しているということ自体が珍しく、世界で一番小型のイヌワシである点や、つがいで協力しながら狩りをする点などは、イヌワシが日本の自然環境に適応して身に付けた独自の習性です。

 つがいで暮らすイヌワシが縄張りとする範囲は、マンハッタンと同じくらいの面積(山手線の内側の1.6倍)、約60㎢。そこには、一つがいのみが暮らします。イヌワシの繁殖時期は真冬の2月。冬の寒い時期に卵を産み、3月下旬の餌が取りやすくなる春に卵を孵化させます。ヒナが巣立つ6月頃まで、親鳥は餌集めのためにせっせと空を飛び回ります。最大の武器である爪と、人間の8倍とも言われる視力を活かして、上空から森林地帯にいるノウサギやヤマドリ、大型のヘビなどの獲物を見つけると急降下し、獲物を捕まえます。普段はつがいで協力するイヌワシも、メスが卵を温めている間とヒナを温めている間は、雄が一羽で、メスはヒナの分まで獲物を取らなければなりません。人間にとっても、子育ては一筋縄にはいきませんが、イヌワシにとってもそれは簡単なことではないのです。

 「日本には約200つがい生息していると言われており、個体としては500羽程度であろうと推定されていますが、残念ながら子育てをする頻度、繁殖成功率が低下し続けています。かつてイヌワシが生息していた日本各地300箇所以上の場所のうち、すでに約1/3、90箇所以上ではイヌワシが見られなくなってしまいました。絶滅危惧種にも指定され、将来日本からいなくなってしまうのではないかと懸念されています。」

 こう話すのは公益財団法人日本自然保護協会(以下、日本自然保護協会)自然保護部の出島誠一さん。

 この背景の一つには、イヌワシの狩場の減少に起因する餌不足があります。一般的なイヌワシの生息地を見ても分かる通り、イヌワシが狩りをするに適しているのは、視界が開けた飛行しやすい草地。しかし、かつてイヌワシが生息した森林地帯さえ、そういった狩場がなくなってしまいました。その原因はどこにあるのでしょうか。

 

【日本人の森林との関わり合いの変化】

 イヌワシにとって、狩りをしやすい場所が減った原因には、日本の森に人間の手が加わらなくなったことがあると出島さんは考えます。

 「日本の多くの森に言えることですが、現在日本には管理の行き届いていない人工林が増えています。戦後1960年代頃、国内の木材需要が非常に高まっている時に、スギやヒノキという比較的成長が早い木をたくさん機械的に植林する拡大造林政策が日本各地で進みました。しかし、予想に反し、あっという間に需要は輸入材へと移り、当時植えられたスギやヒノキが40年、50年経って、現在山にたくさん残っている状況です。スギなどが植えられた人工林は密度高く植林するため、翼を広げると2メートルにもなるイヌワシは林内に降りて獲物を捕まえることができません。獲物を捕る場所が減少することで、ヒナに与える餌の量が不足し、結果として繁殖率が低下してしまうのです。」

 ある専門家は、そういった日本の森を"forest (森)"ではなく、"tree farm (木の畑)"だと呼びます。自然林の中では様々な木が共存し、弱い木が自然に淘汰されます。動植物を問わず、一定の種にとって住みやすい偏った環境ではなく、様々な種が調和しながら共存する環境であることが、本来の自然環境と言えるでしょう。しかし、人工林は人工的に木を植え、人間が作り上げたもので、そういった森に本来の自然環境を取り戻すには、人の手を加えなければならないと言います。

 「豊かな森を未来に残すために、人の手を入れることが必要な場所もあります。手入れがされずに放ったらかしになった人工林の森は密度が高く植林されたまま、森に太陽光が入らない。そうすると、木の下に草が生えず、森で暮らす草を食べる生き物の食べるものがなくなってしまいます。」

 さらに、私たち人間の生活や産業の変化も、イヌワシが暮らしにくい森を作ってしまっています。

 「戦後に植えた人工林は、安価な輸入材の影響によって、木材価格が当初想定していたよりも下がってしまいました。広葉樹材は、かつて燃料として広く使われていましたが、それもプロパンガスや石油に変わったことで価格が低下して、結局、森林は価値がないものとして手を加えられずに山の中に残ってしまっているという状況があります。一方で日本には人工林がたくさんあるにもかかわらず、残念ながらそれを使わずに、1964年に木材輸入の自由化の流れもあり、海外から大量の安い木材を輸入している状況があります。今、日本の木材自給率は2016年で35%という状況です。」

 このような変化により、1890年代には50%以上あったイヌワシの繁殖率は、現在2割以下に落ち込んでしまいました。今後、日本でイヌワシが生息し続けていくためには、一つひとつの森の状態を見極め、その森に合った管理の方法で、時には人間の手を加えながら人工林を適正に管理することが不可欠なのです。

 昔からイヌワシが暮らす、群馬県みなかみ町の国有林「赤谷の森」では、イヌワシの舞う森を未来へ残すためにあるプロジェクトが発足しました。

 

「イヌワシプロジェクト後編:豊かな赤谷の森の象徴」はこちらから

赤谷の森 間伐
イヌワシ 赤谷の森 
コメント (0)
0 件のコメント