FEATURED

ハンドメイドでなきゃいけない理由

「ハンドメイド」と検索すると、アクセサリーや手芸品、DIY情報サイトが出てきますが、ラッシュの商品も神奈川県のキッチンで手作りされ、シェフの誇りと温もりとともに皆さんへ届けられています。

「今となっては、風変わりかと言われるかもしれない私たちのビジネスモデルはユニークであるだけでなく、フレキシビリティも持ち合わせています。もし他のメーカーが製造において、例えばパッケージを削減するなど、何か変更をしようとすれば、製造機械を買い替えたり、膨大なコストがかかるかもしれませんね」。

 こう話すのはラッシュの共同創立者のマーク・コンスタンティン。ラッシュのように細かに調整や変更に対応できる製造メーカーはそんなに多くないと言います。

「イギリスでもそうですが、今日世界中の多くの工場はそのようには稼働していません。ハンドメイドだからできる製造体制のフレキシビリティがあるというのは、本当に素晴らしいことです!」

 

フレッシュにこだわるからハンドメイドで少量生産

 現在、世界6ヶ国に7つあるラッシュの製造拠点「キッチン」の一つは日本の神奈川県にあります。ここでは約400名のシェフたちが、10の製造ルームで毎日商品を手作りしています。

「デイリールームというと、よく毎日使う“daily”と間違えられてしまう」と笑って話すのは、デイリールームのルームマネージャー、Sio。水と油を混ぜて作る"乳製品"の意味を持つデイリー(dairy)アイテムを製造するこのルームでは、スキンケア、ヘアケア、ボディケアなど各種商品カテゴリーの中でも、保湿クリームボディローションヘアコンディショナーなど、クリーム系の商品約80種類を、販売動向を見ながら、毎日の製造スケジュールを調整し、フレッシュな商品をお客様に届けるため、シェフたちがその日に何を製造するか製造スケジュールを調整します。

 また、肌や髪に効果的な高品質でオーガニック、フレッシュな原材料をふんだんに使い、合成保存料の使用を最小限に抑えるラッシュの商品には使用期限があり、フレッシュネスポリシー(※)に基づき製造から28日以内に出荷をすることから、ラッシュでは長期間在庫を持っておくことができないため、大量生産ができません。デイリールームで働くSioは、ラッシュの商品はハンドメイドでなければ作れないと断言します。

「お客様が必要としている商品をタイムリーに届けるために、僕のルームでは最低2キロから商品を作ります。決まった量を製造するオートメーション製造だと、この少量は難しいですよね」。

「僕たちが商品を作る際のフォーミュラ(調合レシピ)はとてもシンプル。使用する原材料も高品質で、特にエッセンシャルオイルに関しては、自信を持ってそれが言えます。これらが僕たちが今のような製造方法を取り続けている根底にあり、だからこその少量生産のスタイルをとっています」とSioは言います。

 Sioはハンドメイドの醍醐味を新しくルームに入ったメンバーに伝える時、よくケーキ屋さんにたとえて話をすると言います。

「例えば、ショートケーキが大好きなお客様が大切な記念日にいつもの"あの味"を求めて、お店に来てくれます。ある日、いつものようにショートケーキを買いに行ったらいちごがちょっと酸っぱかった。スポンジケーキのしっとりさがいつもと違った。『新鮮なオーガニックないちごを使ったから、今日はちょっと酸っぱくなっちゃった』『産地の違う小麦粉を使ったので少ししっとりしすぎてしまった」とは言いたくないですよね。お客様はいつもの"あの味"を求めてお店に来てくれたんですから」。

「ラッシュの商品に使っているフレッシュな原材料は、時期によって産地が違いますし、一つの野菜や果物でも複数のサプライヤーさんがいます。気温や湿度も日によって変わります。それらが重なってできている商品だから、同じものは一つとしてないんです。でも、お客様は“いつもの”ラッシュの商品を求めてくれています。バターやオイル、果物の果汁など繊細な原材料を乳化させて作る僕のルームの商品は、いつも決まった時間、決まった回数混ぜていては、テクスチャーがベチャついたり、水分が飛びすぎたりしてしまう。だから目で見て、手で触ってお客様が求める"いつもの"商品を作りたい。それはハンドメイドじゃないとできないんですよね」。

※フレッシュネス・ポリシーとは、製造から28日に以内に出荷をするラッシュのグローバルポリシー。これにより、フレッシュな商品をお客様に届けることを約束します。

 

家族をも誇らしげにさせるシェフのフェイスラベル

 ラッシュでは、製造スタッフを単なる裏方とは見なしていません。彼らはラッシュにとって、毎日フレッシュで素晴らしい商品を手際よく、真心込めて作り上げてくれるスターなのです。ラッシュの信念にはこんな文章が掲げられています。

「私たちは、ハッピーな人がハッピーなソープを作ることを信じています。そして、私たちの商品に記された作り手の顔が、お母さんを誇らしい気分にさせると信じています。」

 信念にこの文章が加えられた背景には、こんなストーリーがあります。

 現在、イギリスで商品開発者として働いているウェズリーが昔、イギリスのキッチンで製造を担当していた頃、彼の地元であるイギリス中部に初めてショップがオープンしました。その時、ウェズリーのお母さんは、息子の名前が商品に書かれていることを知っていたので、ショップを訪れ、息子の名前が入った商品を探したと言います。ウェズリーの名前が入った商品を見つけたお母さんはショップでスタッフに「これ、私の息子なのよ!」と嬉しそうに、誇らしげに話をしたそうです。その後に名前に加えて似顔絵もラベルに描かれるようになりましたが、ラッシュの商品は工場で顔も名前もわからない"誰か"が作った商品ではなく、顔の見えるシェフが自信を持って届ける商品であり、家族や友人がそれを探しにショップに足を運んでくれ、それはシェフにとっても誇らしく思えるものなのです。こういったパーソナルなストーリーが多く耳に入ってきたことから、ラッシュが誕生してしばらく経ってから、創立者たちは信念にこの一文を加えることを決めました。

 ラッシュの商品には、製造日と使用期限に加え、それを作ったシェフの名前と似顔絵が描かれたステッカーが貼り付けられていますが、 実は限られた人のみがお客様に顔と名前を伝えられるシェフ、「コンパウンダー」になります。そして、このコンパウンダーの中でも、商品の品質だけでなく、なぜこの商品が開発されたのか、なぜこの商品にはこの原材料が使われているのか、さらにはブランドストーリーや最新のキャンペーン情報など、様々なトレーニングや発信することまで責任を持っている「プロダクトチャンピオン」というシェフが各ルームにいます。

 長年ラッシュのキッチンで働くAzusaは、現在バブルバールームのチャンピオンとして、毎日何千、ときには何万という商品を皆さんに届けています。

「チャンピオンは商品の製造にとどまることなく、最高の商品をお客様に届けるところまで責任とパッションを持つ、本当の意味でのスペシャリストです。一日にたくさんの商品を作っていますが、そんな一つひとつの商品は自分の手を離れた瞬間、たくさんの中の一つが、いつか誰かの忘れられない、最高のひと時を作る、そんな一つになるかもしれない、とチームにいつも伝えています。特に私のルームで作るバブルバーには『ぐるぐるブランケット』や『ブライトサイド』といったハンドメイドならではの魅力が出てくる商品も多くあります。一本のロールからカットして成型するその一つひとつの商品が同じなることは逆にないんです。それが愛おしいんですよね」。

 プロダクトチャンピオンであり、フェイスラベルに顔と名前が紹介されていることをAzusaはどう感じているのでしょうか。

「誇りを持って作った商品をとにかく手に取って、フェイスラベルを見て欲しいです!先日、輸出国の一つ、フィリピンに出張行った時、ミーティング後、どうしても現地のショップに行きたかったんです。自分のフェイスラベルあるかな、と思ってショップに行くと、ちゃんとありました。『これ私なんです!』とスタッフに話しかけると、とても驚いて喜んでくれました。遠くに住む友達や、アジアの海外旅行に行った友人が私のフェイスラベルがついた商品を見つけてくれると『Azusaがいたよ!』と連絡をくれるのも嬉しいですよね。最近、長男とラッシュに買い物に行くと『あ、ママの顔ある!』なんて言ってくれます。今、長男は大人になったらラッシュで働きたいって言ってくれてるんです」。

 自分の似顔絵が描かれたフェイスラベルを貼られることに誇りを感じ、家族にも誇りに思ってもらえるシェフたちは、みんなの憧れなのです。

アジアの製造のハブとしてフレッシュでハンドメイドな商品を届ける

 世界に7つあるキッチンの中で、現在日本のキッチンは国内のショップ以外に、韓国、香港、フィリピン、シンガポール、タイ、マレーシアの6つの国と地域にある約100のショップにフレッシュな商品を届けています。神奈川県にあるキッチンには定期的に各国の担当者が訪問し、現場でハンドメイドの魅力を確認してくれています。韓国のラッシュで働く輸入担当のブライトは、日本のキッチンを訪れた際、まるで食べ物を作っているかのようなフレッシュな原材料、香り高く色あざやかな商品の品質やスタンダードの高さに驚いたと言います。

「一つひとつ違うハンドメイドの商品にはシェフの特別な想いと職人の技を感じました。韓国のお客様もそれを感じながら商品を手に取ってくださっています」。

Handmade is the future これからもハンドメイド

 ラッシュにとって大切なハンドメイドであることは、近い将来も機械化に取って代わることはないでしょう。ハンドメイドだからこそ、ラッシュはこれからもフレッシュな商品をみなさんにお届けすること、そして当たり前に挑み、常に境界線に挑んでいくことを約束します。一つ一つの商品の見た目や表情が違う 商品を見てみてください。そこにはシェフのクリエイティビティ、イノベーション、インベンション、そして作り手としての温もりと誇りが溢れていますから。

 

> シェフたちの想いが込められたクリスマス商品一覧はこちら
> ギフトもハンドメイド!クリスマスギフト一覧はこちら

 

 容器やパッケージがない固形商品にはフェイスラベルはありませんが、ギフト商品にはボックスのこんなところにシェフの顔が。

 

12/7/2018

フレッシュハンドメイドコスメブランド、LUSHの商品が手作りじゃなきゃいけない理由
フレッシュハンドメイドコスメブランド、LUSHの商品が手作りじゃなきゃいけない理由
コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(4)

関連商品

4 項目
NEW
ラッシュ バブルバー ノーティー エルフ バブルバー 泡風呂
バブルバー
いずらなエルフがやって来た!
¥1,100 (税込)
 / 
130g
NEW
ラッシュ バブルバー キャンディケーン バブルバー 泡風呂
バブルバー
イブの夢に漂うフルーティーな香り
¥690 (税込)
 / 
80g
ラッシュ バブルバー カッティング
バブルバー
果実の香りがする泡にそっと包まれて
¥980 (税込)
 / 
200g
NEW
charity pot naked body lotion
ソリッド ボディローション
花の香りにのせて愛を広めましょう
¥1,580 (税込)
 / 
125g