FEATURED

カカオバターがあなたに届くまで

ラッシュ製品に使用しているカカオバターは、100%のトレーサビリティー(追跡可能性)を保証されています。つまり、すべてのカカオ豆に関して、その生産にかかわった人々には安全な労働環境が用意され、公正で十分な対価が支払われていることが確認できるのです。

難しいことではありません、点と点をつないでみましょう。消費者、ラッシュ、流通業者、サプライヤー、農家・・・・・・といったように、商品が作られる過程にたずさわる人々を線で結んでいくのです。近年、ラッシュでは世界中の生産者と良好な関係を築くことが大切なテーマになっています。

トレーサビリティの目的

原材料のトレーサビリティにこだわるのは、次の3点を確実なものとするためです。製品に使用するすべてのカカオ豆1粒1粒に至るまで、生産の背景を把握できること。生産者とラッシュの関係性が、生産地に利益をもたらす良好なものであること。そして、お肌にとって素晴らしい働きをもつ原材料を調達できること。

そのために莫大なコストがかかってしまうことはやむをえません。カカオ豆は一次産品ですが、収穫されたカカオ豆は加工されて市場に出回るまで約3年もかかるのです。カカオの木は気温の変化や雨に弱く、昆虫など受粉の媒介者の健康状態からも影響を受けてしまう植物です。つまり、地球の温暖化はカカオの木の生育に多大な影響を与えるということです。また、カカオ豆の需要は世界中の国で高い状況が続いており、ほとんどが1種類か2種類の形状で取引されています。そして、生産者にはそれに合わせて育てる農作物を完全に均質化することが求められているのです。

カカオ豆の主な生産地はガーナやコートジボワールなどの西アフリカの海に面した国ですが、先のような状況は生産者たちが低賃金で貧困に苦しむ結果を生んでしまっています。奴隷のような生活や児童労働はそこらじゅうに蔓延し、国際労働機関ILOもその問題性を指摘しています。カカオ豆の生産は、すべての国が当事者として検討するべき地球規模の問題です。劣悪な労働環境、命の危険をともなう作業内容、適切な教育の機会を与えられないまま労働を強いられている子どもたちの現状は、人身売買・奴隷売買とも関連する問題です。

おいしいチョコレートの原料でもあるカカオ豆ですが、その生産現場は思わず目をそむけたくなる悲惨な状況かもしれません。「だから、100%のトレーサビリティを担保できないカカオ豆はラッシュの原材料としては認められないのです」と、バイイングチームのギャビーは言います。悠長なことを言っている時間はありません。ラッシュでは何年にもわたり小規模な生産者との取り引きに力を入れ、パーマカルチャーの知識を提供するなど持続可能なカカオ豆の生産を支援しています。

現在ラッシュUKが1年間で使用する約20万kgのカカオバターは、3つのサプライヤーから供給されています。そのうち2つがドミニカ共和国のThe Organic Growers Dominican Foundation (FUNDOPO)に所属する生産者です。FUNDOPOは約1500の農家をまとめる団体で、1軒あたりの規模は1.5-2ヘクタール程度の小さな生産者たちが、最高品質のカカオ豆を公正な価格で取り引きできるような支援活動をおこなっています。

もうひとつのサプライヤーは、コロンビア北西のサンノゼを拠点にもつThe Communidad de Paz de San José de Apartadóです。彼らは約2100の生産者を抱えていますが、内戦の続くコロンビアにおいてゲリラや右翼に屈することなく非暴力の姿勢を貫くことを決意した人々のコミュニティでもあります。

商品開発チームは彼らの平和的な活動を知り、すぐにそのカカオバターを使った商品を開発しようと考えました。一方、まったく別のところで偶然にもバイイングチームも同じく彼らの存在を知り、ぜひとも取り引きをしたいと考えていたのでした。

彼らはラッシュにとって、素晴らしい学びの場を提供してくれています。私たちは実際に生産農家のもとを訪れたことで、小規模農家の悩みから国際関係までさまざまな現実を知ることができたのです。

ラッシュには夢があります。それはカカオバターを使用するすべてのラッシュ製品のフォーミュラを見直し、香りづけをしていないカカオバターを使う仕様に切り替えていくということです。「fully-traceableマッサージバー」と名づけたラインアップを含む、たくさんの商品が対象となる大規模な仕様変更です。これの意味するところは、生産者たちにとってインパクトある利益を生むと同時に、お肌に対してもより良い原材料が使われるようになるということです。

エシカルバイイングのリーダーを務めるサイモンは、パーマカルチャーの専門家でもあります。キノコ類の菌糸を使う農法から土壌改良まで、環境の影響を受けやすく繊細なカカオの木の健全な育成に役立つ知識を積極的に提供し、生産者たちが安心して生活を送れるような仕組みづくりをサポートしています。

このような取り組みを実現できているのも、ひとえにラッシュの思いに共感してくださるお客様のおかげです。カカオバターのトレーサビリティを100%確実なものにすることができたのは大きな功績ですが、私たちはまだ最初の一歩を踏み出しただけに過ぎません。

関連商品はこちら

cocoa_butter_dominican_republic_photographer_gabbi_loedolff
peace_community_delete
コメント (0)
0 件のコメント