FEATURED

ラベンダー、フランスの空の下で

夏のフランス・プロヴァンス地方は、見逃せません。

プロヴァンス地方には、毎年多くの観光客が訪れ、波打つように広がるラベンダーとラバンディンが咲き乱れる丘に漂う香りを、心ゆくまで楽しみます。 6月から8月のシーズン中、ラベンダーのハチミツをたくさん収穫したいと思っているこの地域の養蜂家は、巣箱をラベンダー畑の近くに移動させるので、ミツバチたちは、花から花へと自由に飛び回ります。

一面に広がる紫色の畑に立ち込める、深く心を落ち着ける香りは、一般的に眠りを誘う香りとして知られており、ラベンダー、ラバンディン共に化粧品によく用いられる原材料です。ラッシュでも バブルバーやソープ、シャンプーバー、パフュームに至るまで幅広く使用しています。その甘いフローラルな香りは、お風呂に入ればゆったりと安らいだ気分をもたらし、心地よい眠りを助け、お肌や頭皮の状態を整えてくれるので、多くの人に愛され続けています。

ラバンディンはラベンダー(lavendula angustifolia)とラベンダー・スパイク(lavendula latifolia)の交配種です。 ラバンディンの香りは、ややシャープで刺激的なのが特徴で、背丈も50〜60cmと、30~40cmのラベンダーと比較しても高い傾向にあり、花の付き方にも違いがあります。

ラバンディン、ラベンダー共に共通しているのは、どちらも太陽が大好きということ。 地中海の乾燥した気候のもと、主にフランスのドローム、アルプ・ド・オート・プロバンス、ヴォクリューズという3つの主要地域で4,000ヘクタール以上のラベンダーと17,000ヘクタール以上のラバンディンが栽培されています。 合わせて、フランスでは毎年約1,200トンのラベンダーオイル(ラベンダー油)とラバンディンオイル(ラバンデュラハイブリダ油)を生産しています。

一見すると、この数字は膨大に見えるかもしれませんが、100kgのラバンディンオイル(ラバンデュラハイブリダ油)を生産するには、1ヘクタールの土地が必要です。 そして、ラベンダーオイル(ラベンダー油)となるとその量は、わずか40kgに減少します。

その全ての畑で、最高のエッセンシャルオイルを採取しようとするなら、賢くなる必要があります。

2016年7月に、ラッシュのバイヤーのエミリアと品質管理担当のジョーダンは、ラベンダーオイルとラバンディンオイルを求めて、アビニョンを経由しプロヴァンスを訪れました。 人々の喧騒から離れた場所で(たくさんのミツバチには囲まれましたが)、二人は100年以上に渡り、独自のラベンダーとラバンディンの生育法とオイルの蒸留法を完成させたサプライヤーに会うためです。

植え付けは、霜の心配がなくなる4月から5月ごろ始まり、蒸留は、7月下旬から8月中旬にかけて行われます。 それぞれの農園は、およそ10年同じ場所で栽培を繰り返し、その後およそ3年をかけて土壌は完全に再生します。

ラベンダーのわらを燃料にした暖炉、といったような伝統の多くは、現在も脈々と続いていますが、収穫については、鎌ではなく機械行なっています。 以前は、収穫に時間がかかっていましたが、このプロセスに革命的な変化が起きたことで、ラッシュのサプライヤーは、毎年500トンもの高品質のラベンダーオイルとラバンディンオイルを採取できるようになりました。 ここから、エッセンシャルオイルは、イギリス・プールへと向かい、その後、様々なアイテムの原材料として用いられるのです。

プロヴァンス体験をするのに、航空券がない時には、トワイライトムーン ボディローションを手にしてみては、いかがでしょう?

ラッシュ ラベンダー
ラッシュ ラベンダー
コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(1)

関連商品

1 項目
Sleepy body lotion
ボディローション
素肌を潤してから、眠りましょう
¥1,440 (税込)
 / 
95g