今なら7,000円以上のご購入で送料無料

FEATURED

ラッシュがフラワーショップ? 新宿でしか出会えない1%の花の秘密

どうしてラッシュがフラワーを? きっと誰もが思うこの疑問。5つの目線でみてみると、シンプルな答えにたどり着きました。

 2019年6月1日にオープンした、アジア最大規模のLUSH 新宿店。これまでのラッシュにはなかった様々な新しい試みがあるこのショップで、1階に設けられた色とりどりのフラワーを揃えるブースは一際目をひくでしょう。でも、どうしてスキンケアやヘアケアを展開してきたブランドがフラワーを取り扱うのでしょうか?

 

#LushFlowersを知るための、5つの視点

 20年以上にわたってフレッシュなフルーツや野菜、そしてフラワーを商品の原材料として使用してきたラッシュだからこそ、この新しいプロジェクト#LushFlowersが実現しました。もちろん、#LushFlowersがもっとも大切にしているのは、花々のフレッシュさ。これは他のあらゆる商品と何も変わることなく、こだわりをもって取り組んでいる信念でもあります。そんな#LushFlowersのフレッシュさを「シーズナリティ」「ローカル」「トレーサビリティ」「コミュニティ」「パッケージ」の、5つの側面から紐解いていきましょう。

1. シーズナリティ

 ラッシュがあらゆる商品の開発・製造・販売のプロセスでこれまで大切にしてきた、原材料の新鮮さを追求するこだわりが、#LushFlowersにも活かされています。うつろいゆく四季の流れを尊重し、それぞれが魅力を最大限にして咲かせる旬の時期に調達することによって、フラワーそのものの自然な美しさをお客様にお届けします。

 

2. 100%国内(ローカル)での栽培・管理

 日本の花き業界において、およそ25%は海外からの輸入によるものです。なかでもフラワーショップの定番であるカーネーションは、52%が輸入に頼っているのだそう。

 そのいっぽうで、#LushFlowersのフレッシュさへのこだわりは、国内で栽培・管理されたものだけを仕入れるという側面でもいえることでしょう。生産者たちが「今まさに美しい」と思った瞬間の花々が、彼らの感動そのままに全国各地から新宿へと運ばれてくるのです。

 

3. トレーサビリティ

 #LushFlowersであつかう花々は、すべて生産者から直送されています。これによって、仲介者をはさむことで生じるタイムラグや、生産者の顔が見えずサプライチェーンが不透明になってしまうことを防ぎます。

 LUSH 新宿店は、一輪の花から色とりどりのブーケに至るまで、#LushFlowersに並ぶ花の一本いっぽんに込められた生産者自身の思いやこだわり、情熱、注いできた愛情をダイレクトにお伝えする場でもあるのです。

4. コミュニティ

 #LushFlowersでは、ラッシュと共にたくさんの人々が助け合いながら、ひとつのコミュニティとしてプロジェクトが進められています。日本でも数少ないオーガニックフラワー栽培に取り組んでいる生産者からの積極的なフラワー調達は、その素敵な例でしょう。

 現在、口に入らない花の栽培には農薬の使用量に明確な制限がないのが現状です。これに疑問を持った生産者たちによるオーガニックでの栽培という挑戦をサポートしていく思いが込められています。

 また、#LushFlowersで連携していくのは生産者だけではありません。たとえば、LUSH 新宿店で販売される苔玉シリーズでは、障がい者施設からのサポートによって成形された苔玉がショップに届きます。

 さらに、コラボレーションはラッシュがこれまで取り組み続けてきたリジェネレイティブプロジェクトでも。猛禽類の鳥、サシバ保護の活動地である三浦半島で採れた野花を使用した、リジェネレイティブ・ブーケもLUSH 新宿店で手に入れることができますよ。

5. パッケージ

 そして、きわめつけはフラワーを包むパッケージ。ラッシュはこれまでにも、地球環境への配慮として様々なパッケージへのアプローチを行ってきました。シャンプーバーネイキッド商品などパッケージそのものをなくすだけでなく、包装が必要になってしまう際にも環境を考慮した生分解性の素材を使用するなどの取り組みを行っています。

 そしてもちろん、#LushFlowersで使用されるラッシュで製造されたパッケージも100%生分解性のもの。花を買って持ち帰り、生けたあとのパッケージはコンポストに投入してしまいましょう!

***

 ところで、ちょっと想像してみてください。あなたはフラワーショップでお気に入りのブーケを探して購入し、誰かに贈ろうとするとき、どんな気持ちで過ごしているでしょうか。相手が驚く晴れやかな顔を思い浮かべて、ドキドキしながら? それとも意気揚々と?

 ラッシュ共同創立者のマーク・コンスタンティンは、花を贈って想いを届けることの素晴らしさを長年感じ続けていました。

 これまでも、誰かに想いを届けるためのギフトシリーズも手がけてきたラッシュ。だからこそ、#LushFlowersも、贈る相手の生活に花を添える素敵なエッセンスとなっていくに違いありません。もちろん、贈る相手が自分自身だとしても!

 

>LUSH 新宿店について詳しく知りたい方はこちら

LUSH 新宿 オーガニックフラワーで花のある生活を 贈り物にもどうぞ
LUSH 新宿 オーガニックフラワーの販売をスタート 贈り物にもどうぞ

#LushFlowers

コメント (0)
0 件のコメント