FEATURED

ココナツオイルはどこからやってくる?原材料の調達で大事な3つのこと #SOSsumatra

ココナツオイルは、今もっともポピュラーなオイルのひとつでしょう。ココナツオイルは、今もっともポピュラーなオイルのひとつでしょう。チョコレートケーキからヘアコンディショナーまで、使い道もさまざま。ビタミンやミネラルが豊富で、化粧品として保湿力と艶を与える働きはとても貴重なものです。

ラッシュは、たくさんのココナツが育つインドネシアのニアス島で、収穫から加工まで一貫して行っているインドネシアのSumatera社からココナツオイルを調達しています。ところで、高い木に生っているココナツの実は、どのようにして様々な商品に使われるオイルになるのでしょうか?この物語は、いつでも6メートルにもなる頭上の木がゆれるシーンから始まります。

【ココナツの実からオイルが生まれるまで】

マンガやアニメーションでよくある"ココナツが頭に落ちてくる様子"を想像してみてください。ココナツはいつも木の高いところに実りますね。高いスキルを持った収穫者が、高い木を揺らしながらのぼっていき、なたで実を落とします。硬く頑丈な殻に守られているため、6メートルもの高さから落とされても中身は傷つきません。収穫時期は年に3回ほどで、大きい農園は豊作だと約15,000個ものココナツを収穫します。そして、大きさや質に応じてそれぞれに適切な価格がつけられていくのです。

運搬係は地区のあちこちでココナツを集めて品質を確認すると、農家にその場で直接対価を支払います。ひとたびココナツが地上に落ちたら、オイルづくりが最優先事項。素早く工場へ運び込むことが重要です。ココナツオイル自体は最長2年ほどもちますが、ココナツの実はおよそ3週間しか新鮮な状態を保つことができません。

加工工場ではマニュアルに従って、殻を取り除き洗浄・分割します。さらに、機械で殻から果肉を取り出します。刻んだココナツと水を混ぜて機械に通し、液体と実の部分を分離させます。さらに、液体からオイルと水を分離するため、温かい部屋で一晩寝かせます。この段階で栄養豊富なココナツウォーターとオイルが生成され、ココナツウォーターは地元の人に渡って、動物に与えられます。

一方オイルはペーパーフィルターとバケツを使って、最大で3回ろ過されます。そして本土であるスマトラ島に送られたのち、イギリスをはじめとする世界中の製造工場へと出荷されていくのです。

また、廃棄物を最小限に抑え、かつ地域のコミュニティを支援するために、殻は地元の人に渡り、プロセスで残った果肉は動物の飼料として再利用されます。

【調達でもっとも大事なのは、社会・環境・経済】

実は、ここで作られるココナツオイルはお肌に嬉しく美味しいだけではありません。Sumatera社から原材料のココナツを購入することは、社会や環境、経済においても重要な意味をもたらしているのです。Sumatera社の収入の10%は、ニアス島南部の人々を物理的・経済的に支援するNPO団体「Ono Niha Foundation」に寄付されます。この団体で、子どもたちの教育基金や識字・コンピューターのクラス提供、身体・精神に障がいをもった子どもたちに向けた多岐にわたるセラピーセッションの基金となるのです。さらに、Sumatera社創立者のマットが始めた基金では、年に1度の歯科検診を提供するなど、島民の歯科衛生を考えた診療も行なわれています。

ラッシュのクリエイティブバイヤーであるステフ・ニュートンは、原材料の購買を通してコミュニティを支援することの重要性について説明しています。

「新しく原材料の調達を始める時は、たくさんの考察が必要です。その原材料を調達することによってもたらされる社会面、環境面、経済面でのインパクトが真っ先に頭をよぎります」。

「社会面としては、その地域コミュニティに与える影響について考えなくてはなりません。たとえば、創出される雇用や必要となる支援・教育などが挙げられます。環境面では、二酸化炭素排出量の最小化、生物多様性の促進、森の再生と廃棄物の削減などが考えられます。そして最後に、生産者らを尊重するに貢献しつつ、コミュニティがどのように経済的利益を得られるかについて考えるのです」。

ステフによると、これらを実践する上で最も簡単な方法は、現地のサプライヤーと直接密な関係を築くことだそうです。

「私たちのココナツオイル調達における主なコンタクトパーソンは、Sumatera社創立者のマットです。彼は地元の農家からココナツを買い付けたり、加工工場では地元住民を雇用しています。マットや彼の仲間たちは、Ono Niha Foundationを通して行われるコミュニティの支援活動に、情熱を持っています。私たちはマットと定期的に連絡を取ることで、生産状況や彼らが直面している課題といった最新の状況を伺っているのです。ニアスのような島では、高湿度な気候によって納品の遅れが避けられないこともあります。分刻みの直接的な情報交換が、在庫のスムーズな調整を可能にするのです」。

最後に、ステフはこのように話してくれました。

「信頼できるサプライヤーとの取り組みは、サプライチェーンの透明性をもたらします。知識と自信をもってビジネスに従事し、サプライヤーと公平で正しい立場にあることは、私たちの調達の仕事における基盤であり、すべての原材料・資材に共通することなのです」。

#SOSsumatraキャンペーンの記事はこちら

Coconuts
Dehusking the coconuts
コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(1)

関連商品

1 項目
販売終了
steve the orangutan sos
ソープ
オランウータンを彼らの森に帰そう
¥1,360 (税込)
 / 
130g