FEATURED

企業組合「おてんとSUN」 代表理事:吉田恵美子さん

福島から歩み出す今
世界中の人たちと仲間に

(English follows) 

■3.11あの日、何をしていましたか?

あの日、私はいわき市の小名浜という地区にある、自分が元々所属している「ザ・ピープル」というNPOの団体の事務所にいました。いつもは夕方までかかる月例の打ち合わせが、その日に限って早く終わり、「いやー終わったねー。よかったねー。」と言っていました。

若いスタッフたちと話していた時に、今まで耳したことのないアラーム音が一斉に鳴りだしました。それが携帯のアラームだとも気付かずに「誰か、携帯鳴ってるよ?」と言っていたら揺れが始まったのです。

実は数日前、事務所の建物の運営会のようなものがあり、「この建物は耐震構造ではないので、大きな地震がきたら危険です」という話をされたばっかりだったので、「これはやばい!」と慌てて建物から飛び出しました。振り返って見てみると、建物は4階建てなのですが、それが揺れているのと同時に、屋上にある水槽がものすごい勢いで弾けていく様子だったり、周辺のブロック塀が崩れていく様子だったりとか、電柱のワイヤーがすごい揺れている様子だったりとかが見えました。それを見ながら、通りにいた中学生の女の子が突然泣き出しちゃって、歩けなくなっちゃって。その子を抱きかかえながら、とにかく揺れている間、その時を耐えたという感じでしたね。

で、揺れが収まったときに、「あー、終わった」と思いました。地震って、揺れている間が災害であって、そこでもう終わったって思ったのですが、実はそこからが災害の始まりでした。今にしてみればそう思えるのですが、その時はそこまで気が回らなくて、「やれやれ終わったー。」みたいな感じでした。

自宅は、海に近いエリアではないのですが、80代後半の舅が一人で留守を守っている状態だったので、それが気になり車に乗って自宅に向かいました。

誰かが大声で「大津波警報が出たぞー!」と叫んでいるのが聞こえましたが、いわきの私たちの地域は津波という災害に対して全く意識が無かったので、大津波警報っていうのを聞いた時にも、全然イメージ出来ないままに、ただ自宅が心配で車で走りました。通常だったら15~20分足らずで辿り着ける我が家に、大渋滞のため1時間たっても辿り着けず、大津波が到達するという時間を私は車の中で過ごしました。

家に辿り着いてみたら、もう家の中は、大規模半壊でした。うちの中はメチャメチャになっていて、その中に本当に茫然自失になっている舅がひとり、何も出来ないままに座っていました。

そこからでは、津波が海の方でどんな災害を生み出していたかということは分からなくて。今度は自分の身の周りのことしか見えなくなりました。ありがたいことに、電気がストップしなかったので、宮城、岩手の津波の惨状は、オンタイムでテレビで見ていたのですが、同じいわきの町にどんなことが起きているのかっていうのは全然分からなかったです。

その後、原発事故が起きるわけですけれども、あの揺れで災害が実は終わりじゃなくて、その後もどんどん続いて行って・・・5年経とうとしている今でも、あの福島に関しては災害が終わってないわけじゃないですか。ここまでまさか続くとはあの当時はまったく想定できなかったですね。

■5年経とうとしている今、これから先、どんな未来を描いていますか?社会に向けて伝えたいことは?

福島って、確かに自然災害の部分と、人為的な災害の部分とが、二つ、起きたわけじゃないですか。で、そのそれぞれに、被災された方、避難された方、ダメージを被った方々がいて、私自身は立場上、その双方と、向かい合うような形で過ごしてきました。

5年が経ってみて、今、福島っていうこの地域が抱えてしまったたくさんの課題がありますが、実はどこの地域でも起こりうる課題をいち早く先取りして体験しているような気がします。

ほかの地域の人たちは、「福島の人たちだけの、かわいそうな、あの福島のこと」みたいに遠目で思っているかもしれません。でもそれって、もしかすると明日、その方たちの住んでいる地域で起こるかもしれない。私たちが、この福島で、この5年をかけて、いろんな体験を通して学んできたことって、実は、ものすごく、私たちだけじゃなく、ほかの地域に住んでいる人にとっても、大きな示唆に富んでいることだと思っているんです。

私たちは、今までの経験を通して、今、福島で未来を作ろうとしている。チャレンジをしようとしている。これは、この5年の体験があったからこそ、しようとしていることであり、福島のためだけじゃなく、全然違うところに住んでいるみなさんとも実はつながることであり。みなさんにとっても何か得るものを、生み出せるんじゃないかと私たちは思って、今、一歩ずつ歩みを進めようとしています。

そう思いながらやっていかないと、学習能力が無いのと一緒。同じことがまた別のところで起こった時に、また同じこと繰り返してたら、「あの体験ってなんだったんだろう?」ってなるじゃないですか。みんな苦しい思いしたんだから、その分、やっぱり一歩でも前に進まなきゃもったいないと思います。

■世界のみなさんへのコメントを

私は震災の前、ずっと市民活動をしてきました。実はその市民活動があったから、被災の直後から動き出すことができて、動き出したから見えたことがあって、見えたから次何が必要なのかを考えられるようになった。

何も考えないで、ただ立ち止まっていた人たちにとっては、大きなダメージはそこのままできっと終わったと思うんです。何かをしようとしてた、何かを考えようとしてた、何かを成そうと思っていた、そういう人間たちが、何か事が起きた時に、初めて動けるんだってということを私、学んだんですね。で、世界の人たちみんな一人ひとりが何かをしよう、自分たちが住んでいるこの地球という星を少しでも暮らしやすくするために、誰にとっても住んでいて素敵な場所にするために、少しでも意識する、少しでも、ほんのちっちゃなことでも行動する。そのことによって、多分、何か大きな問題が起きた時にでも、この星はそれを乗り越えていけるだけの力を生み出せると思います。それを信じて、もしかすると世界の人たちから見たら、かわいそうな土地「福島」なのかもしれないけれど、私たちは福島から歩み出そうとしている、その仲間に、世界中の人たちになってもらいたいと思います。

※これは2016年のインタビュー記事です

インタビューの一覧はこちら

 

Emiko Yoshida, Representative Director of Otento SUN.
 “Otento SUN” Joint Enterprise Cooperative
First Steps from Fukushima
Walking together with people from around the world

 

Q: What were you doing on 11th march?

That day, I was at the office of “The People,” which is the NPO that I work for in Onahama, in the city of Iwaki, Fukushima. The monthly meetings usually lasted into the evening, but on that day we ended the meeting early. Everyone was saying, “Thank goodness that’s over!”

I was talking with some of the young staff members when suddenly several unfamiliar-sounding alarms went off at the same time. It took us a few moments to realize that they were cell phone alarms. At first we thought someone was receiving a call, but just then the building started to shake violently.

Actually, several days before the earthquake, there had been a meeting to discuss the management of the office building, and we were told, “This building is not earthquake-resistant, so it will be dangerous if a big earthquake hits one day.” Therefore, we panicked and got out of the building quickly. When I turned around, I saw the four-story building shaking, the water tank on the rooftop terrace splitting open, the block fence crumbling and the utility pole wires swinging. While I was watching the disaster unfold, a junior high school girl on the street near me suddenly started crying, and was unable to walk. I put my arms around her, and we just endured the period of time while the ground shook underneath us.

And when the shaking stopped, I thought "ah, it's over".

In a disaster, the time when everything shakes is the earth quake. And you think that it is

over at that point, when actually it was just the beginning of the disaster. Now looking back, I feel that way, however, the all we could feel was “ah, it’s over” back then.

My house is not close to the sea, but my father-in-law who was in his late 80s was at home, and I was worried about him, so I got in the car and drove home.

I heard someone shouting, “A major tsunami warning has been issued!,” but people in Iwaki weren’t highly aware of disasters like a tsunami, so even when I heard that, I didn’t have the slightest idea what a tsunami was. I was worried about my house, and I just drove my car home. Usually, it would take me 15 to 20 minutes to get home, but because of a major traffic jam I was still stuck on the road an hour later. When the tsunami hit the coastal area, I was still in my car.

When I reached home, I found my house half-collapsed. The inside of the house was in complete disarray, and my father-in-law was just sitting there alone in a state of shock not being able to do anything. At that point, I had no idea what kind of damage the tsunami had caused in the area near the sea. All I could see was what was happening in the immediate vicinity. Fortunately, the electricity was working, and I was able to see live broadcasts of the disaster that the tsunami caused in Miyagi and Iwate on TV. But I didn’t have a clue what was going on in my own town of Iwaki.

Later, when we heard about the nuclear accident, we understood that the disaster had continued even after the earthquake had ended. It’s been five years since then, but the disaster still hasn’t ended in Fukushima. I didn’t expect that it would last this long.

Q: Now that five years have passed, what is your vision of the future? Is there any message that you want to share with other people?

In Fukushima, we experienced both a natural disaster and a man-made disaster. For each disaster, there were victims, people who had to leave their homes and people who suffered damage. I’ve been spending my time meeting the victims of both disasters.

Five years later, there are still many unresolved issues in Fukushima, but in fact these are things that could occur anywhere. They just happened to occur here first.

Perhaps people from other places look at the disaster in Fukushima from far away, and think of it as “something tragic that happened to the people in Fukushima.” But this could occur tomorrow in their own towns. We who live in Fukushima have experienced many things over the past five years and have learned a lot from them, so our experiences could be of great benefit to people who live elsewhere as well.

Through our own experiences, we’re trying to build the future of Fukushima and face the challenges that lie ahead. We owe this to our five years of experience. This isn’t just for Fukushima, but also for people who live everywhere. We’re moving forward one step at a time and hoping that we can create something that is of benefit to everyone.

Otherwise, we won’t have learned anything from all of this. If the same thing happens elsewhere and we repeat the same mistakes, we may wonder, “Didn’t we learn anything from that experience?” We went through a lot of pain, and that’s why we must build on our experiences and move ahead, even if it’s just one step at a time.

Q: Is there anything you would like to say to people all over the world?

For a long time before the disaster, I had been involved in social actions. Because of this, I was able to take action immediately in response to the disaster, which enabled me to understand what was happening and what we needed to do to move ahead.

If people hadn’t begun to think about the future, or taken their first steps, the devastation would have stayed just as it was. I learned that the people who are willing to think, set goals, and work towards achieving them; those are the people who are ready to take action when something goes wrong. Each one of us in this world can make our own contribution, develop our awareness, and take action, even if only on a small scale, to make world a better place for everyone. In this manner, no matter how big the problems are that come our way, we can overcome them. People in the world may feel pity towards us here in Fukushima, but we’re trying to take our first steps towards recovery, and we hope that everyone all over the world will walk together with us.

See other interviews here

 

 

コメント (0)
0 件のコメント