FEATURED

サンケア哲学

簡単な予防措置をいくつかすることで、健やかでコンディションのいいお肌を保つことができます。

晴れた日の外出先でお肌を紫外線から保護したい人にとって、サンスクリーンは欠かせません。 お肌は人によって異なります。色白のお肌は日光により敏感なので、サンスクリーンを塗っていてもUVAとUVBの紫外線がお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。 紫外線からお肌を守るためにはちょっとしたケアが必要で、お肌が何を必要としているかを考えなければなりません。 紫外線は本当に有害となることもあり、ダメージがすぐに目に見えないこともあるのです。 日光の下で時間を過ごすときには、お肌を守る次の3手段を覚えておくと便利でしょう。

第1の保護手段は、

この時間帯にお日様に照らされていても大丈夫か、または木陰に座っているべきかどうかを常に自問することです。 気候が暖かい国の多くでは、日中にシエスタの時間が設けられています。強い太陽の熱を避けるために短い昼寝をするのです。 長時間にわたって太陽の光を浴びることの危険性を考慮している限りは、健全な方法で日光を楽しむことができます。完全に太陽を避けるのではなく、日光を浴びるタイミングを考えてみてください。

第2の保護手段は、

肌を覆うことです。 太陽の下で時間を過ごすことがわかっている場合は、帽子を被ったりTシャツを着るか、お肌を保護する衣服を必ず着用するようにしましょう。 海で泳ぐ場合、水面は日光をさらに強める効果があるために(虫眼鏡のようです)お肌は太陽光によるダメージを受けやすくなるので、お肌をしっかり覆うようにしましょう。 日光が最も強い時間帯に外出している場合は、パラソルの下に座るか日陰でお肌を守ることをお勧めします。

第3の保護手段は、

サンスクリーンです。 お肌が直射日光にさらされることがわかっている場合は、さらされる体の部分にサンスクリーンが入った製品を塗りましょう。 お肌に必要な保護レベルを維持するには、2時間ごとにサンスクリーンを塗り直す必要があります。 サンスクリーンは、有害なUVAとUVBを反射・分散させて肌への到達を防ぐため、時間が経つと成分の有効性が失われてしまいます。 2時間ごとに塗り直すことによって、お肌を紫外線から守るサンスクリーンの効果を維持することができます。 サンスクリーンの推奨量はお肌の1cm平方当たり2mgですので、必ずたっぷり使用してください。

Lush Fresh Handmade Cosmetics Presents: Sun Care

コメント (0)
0 件のコメント