FEATURED

7つの質問 - カスタネット職人 冨澤健一

小学校の時、あなたのお道具箱の中に絶対入っていたもの。赤と青のあのアイテム、覚えていますか?そうカスタネット。実は日本で使われるカスタネットのほとんどを製造していたのが、群馬県みなかみ町の職人の冨澤健一さんでした。一度は止まってしまった工場が再び動き出したいま、冨澤さんに7つの質問。

 

Q1.なぜカスタネットを作り始めたのですか?

親父がカスタネットを作り始めたんだよね。当時、東京にある大学で音楽を教えている先生が、こっちの方(みなかみ)に友達がいて、訪ねてきたみたい。カスタネットという楽器は、元々スペインから来たもので、当時日本にはなかった。その先生が、小学生向けにリズムをとる楽器を作りたいということで、うちで作れないか依頼してきたのが始まり。

当時の広告は新聞広告。昭和25年当時の新聞広告を僕も見せてもらったんだけど、大阪の園田短期大学(現在は兵庫県尼崎市)の助教授をしている人が、カスタネットで論文を書くというので、うちの新聞広告を持っていたんだ。そんな昔のこと、僕にもわからないんだけど。会社で新聞広告を出すということはそれなりに「全国に広めたかった」ってことだよね。先代のことだから憶測でしかわからないけれど。最初の新聞広告が昭和25年という事を考えると、依頼を受けて、見本をもとに試作品を作って、簡単に完成というわけにはいかないから、昭和22、23年くらいに最初の製作が始まったんじゃないかと思うんだ。私がまだ2歳か3歳くらいの頃か。

 

Q2.その後、カスタネットの生産数はどのように変化したのですか?

それが注文は増えてはいかなかった。カスタネットは1年のうちに何ヶ月か作るくらい。あとは、畑仕事とこけしを作って売っていた。秋はキノコを採りもしてたよ。だから、私が小学校卒業する頃までは、親父とお袋の弟の二人でカスタネットを作っていた。私も木を丸くくり抜くくらいは出来たので手伝っていたよ。その後、中学校に入ってから、隣の製材工場で製造を始め、社員が8人くらいに増えたんだ。その頃にこのカスタネットが文部省で使うようになったとのだと思う。そこから作る量は年々上がっていった。最初から全国の学校で使われたわけではなく、みなかみ町の学校で使うようになったのが始まりかな。一番多い頃だと220万〜230万個を、4社で作っていた。うちでも月に6万個ぐらいしか出来なかったから

 

Q3.カスタネットの色には裏話があると聞きました。

もともとは染料だったけと塗料に変わった。塗料は口に入っても大丈夫なうち専用の塗料を使っていた。要するに上の子が1年生とか幼稚園にいれば、その下に弟妹もいるわけだから、その子らがおもちゃと同じように、かじって口に入っても大丈夫なものを使っていた。うちだけの塗料を作ってもらって、カスタネット作りを辞めるまで同じ塗料を使っていたよ。

カスタネットの色については、最初は赤が女の子用、青が男の子用だった。でも、同時に同じ数の女の子と男の子が入学するわけではないから、学校に卸ろす業者の在庫の問題で、片面を赤、もう片面を青というカスタネットを作ったんだ。

 

Q.4 楽器屋さんでもないのに手探りで始めて成長したカスタネット作り。5年前に工場を閉鎖したその訳は?

工場を閉めなきゃいけない状況じゃなければ、やっていたかもしれないね。木が手に入らなくて、どうにもならなかったからやめようということを、取引先にすぐ連絡した。こういう状況で作り続けられないから。次の年の分は、残ったゴム紐の数だけ用意するからということで、2、3万個を納めて、翌年の分はしのいだ。最後辞める時には学校の備品のほとんどというくらい増えて、受注数も少なくなっていたしね。

私がカスタネット作りをやめて、今日本の学校はカスタネットを中国から輸入している。でも使われる塗料がウレタン。ウレタンは口に入ったら毒だけど、そんなことは気にしない時代なんだろうか。うちのカスタネットを東京の教育出版社に持っていったことがあるけど、やっぱり値段が高いから割に合わないらしい。品物はいいけど価格が見合わない。物価が前とは変わっているよね。大量生産が出来ないとどうしても単価が上がってしまう。カスタネットは、ひとつひとつ磨かないとカスタネットにならない。全部手で磨くから、私は右の手の爪が伸びない。常に深爪のようになって、丸く切っても平らになてっしまう。最近はあまり作ってないけど、数を作っていた時はそうなっていたよ。

Q.5 サクラ、クリ、ブナ、ミズキ、ケンポナシ、エンジュがカスタネットに使われると聞きましたが、木によって違いがありますか?

木によって音が全然違う。ヤマザクラの音が良いんだ。歌舞伎だって「拍子木」で床をはたくよね。あれはサクラでなく、ヤマザクラじゃないとだめ。火の用心の拍子木もヤマザクラ。一番響きがいいんだよ。音の高さが3000ヘルツくらいがいい。歌手でいうと森山良子の声がだいたい3000ヘルツ。耳障りのいい声。なので幼稚園で使うようなものはヤマザクラがおすすめ。

焼き判(焼印)でサクラと、木の名前がカスタネットに入っている。そうすると子どもでも覚えやすい。無理にヤマザクラと言わなくても、ソメイヨシノやサクラなどすぐに見られるから。ちなみにソメイヨシノとヤマザクラは木の硬さがちがうから、厳密には違う音なんだけどね。

 

Q.6  赤谷プロジェクトのキーパーソン、出島さんとはどんな風に出会ったのですか?

出島さんは、地元の「猿ヶ京温泉祭り」でカスタネットが配られたときに、初めてうちのことを知ったみたい。湯宿温泉の岡田さんと一緒に訪ねて来たのが最初で、 その時はまだカスタネットをちゃんと作っていた時だった。 いつか赤谷の森の木でカスタネットをつくりたいという話だったけど、その頃からいよいよ木が手に入らなくなって、工場を閉めることにした。そしたら、出島さんから、木を探すからカスタネット作りを再開してもらえないかという話になって、結局一緒に木を探して、見つけたブナで1000個つくった。

それから、いろんな人がうちに来るようになった。年金をもらっていたから生活をするのは大丈夫だから、やるぞと決めたんだけれども、今まで作っていたのに比べて1週間やればいいやと思っていた。今使ってる木は細いから今までと全然違う。削りにくくて手間がかかる。簡単に1000個ぐらいなら1週間かからないでできるからと思っていたけど、1000個作るのに、20日は十分にかかる。今までは毎日9000枚削れていた。もう一人、女の人がいて2万3000個数できていた。今は1000個つくるのが大変。1ヶ月かかるよ。

 

Q.7 木に触れる仕事をしてきて得たものとは?

木や自然の奥深さを知れたことかな。今までカスタネットを作ってきて、こんなはずじゃなかったということばっかり起きている。一筋縄ではいかない、それがやっぱり自然かなと思うし、同じように生えてきた同じ木の種類でもこんなに違うんだ、と今でも驚かされる。ここ、みなかみ町にいたらやっぱり自然が一番いいかな。私も東京の病院に2ヶ月入院したことがあるけど、やっぱり山場が見えないのはつまらないね。大自然があるからいいんじゃないかね。

自分のカスタネットでたくさんの人が喜ぶ。出島さんと最初につくったカスタネットを地元の小学校の新入生にプレゼントしたら凄く喜ばれて、それから毎年恒例になって、今はみなかみ町全校に広がった森に視察に来る林野庁の人も独立行政法人国際協力機構(JICA)の人も喜んで鳴らすんだ。幼稚園でも木を削らせてあげるんだよ。そうすると子どもたちは喜ぶし、大人でも今の仕事ってなかなか触れることがないかなって思う。だからやりたいという人にはやらせてあげる。そうするとどの人も喜ぶね。

 

 

冨澤さんのカスタネットストーリーをアジアへ

2018年2月、ラッシュではみなかみ町にある自然豊かな赤谷の森を守るプロジェクトを支援するため、冨澤さんがカスタネットを作る過程で発生する木屑を利用しラッピングペーパーを開発し、アジア地域で発売しました。きめが粗くより手触りが楽しめるラッピングペーパーを使用したギフトはこちら:

ソー ドリーミィ
リラックス

 

ラッシュ カスタネット職人 冨澤健一さんに7つの質問
ラッシュ カスタネット職人 冨澤健一さんに7つの質問
コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(1)

関連商品

1 項目
ラッシュ バスボム  入浴剤 溶けている
ギフト
忙しい一日は忘却の彼方へ
¥2,870 (税込)
 /