FEATURED

Soapbox: 南相馬 菜の花プロジェクト -自然循環の社会形成に向けて-

言論の自由はとても大切な権利。「Soapbox」のコーナーでは、ラッシュの社外の専門家に依頼し、見識や解説について寄稿いただいています。今回の執筆は、一般社団法人南相馬農地再生協議会代表理事の杉内清繁氏。福島県南相馬市で農地再生に向けた「菜の花プロジェクト」についてお話を伺いました。

(English follows) 

私は福島県南相馬市の有機米農家です。
18年前から有機農業に取り組み始め、以来、自然環境と対話しながら米づくりを続けてきました。しかし、2011年に起きた福島第一原発事故によって、私たちの生活は一変しました。放射性物質で環境が汚染され、農作物をつくることができなくなったのです。

私が住んでいる原町区太田地区は、原発から20km圏の境界地域にあります。そこでは多くの田んぼが今も手つかずのまま放置されています。福島県の米は全量検査を行い、安全性を確認した上で出荷されていますが、風評などもあってなかなか売れません。売れないと、やる気が起きないのでつくらなくなる。これまでは作付けをしなくても東京電力から賠償金が支払われてきましたが、今後は打ち切りの方向が示されています。このままでは米づくりを再開できずにやめてしまう農家も出てくるでしょう。

先が見えない状況の中、何とか農地を再生し、農業を復興したいという思いで始めたのが、「菜の花プロジェクト」です。除染効果を持つ菜の花を農地で栽培し、収穫した菜種から油を搾る。搾った菜種油には土壌の放射性物質が移行しないので、商品化して売ることができる。さらに、搾りかすからバイオガスをつくり、エネルギーとして再利用することも可能です。

菜種から油を採取する話に行き着いたのは、震災後3ヶ月経ってからでした。有機農業を始めたときにお世話になった先生から誘いを受け、栃木にある民間稲作研究所を訪ねたのです。そこで、ウクライナでの農地再生の取り組みとして、菜種栽培が活用されていることを知りました。ヒマワリ、大豆、菜種などの油脂植物には、土壌の放射性物質を吸収する能力があり、それらの種から搾油した油には放射性物質が移行しないという実証結果も得られていました。

南相馬に戻って、早速その秋から試験的に菜種の栽培を始めました。そして、収穫した菜種から実際に自分で油を搾ってみたのです。搾油技術に関しては全くの素人でしたので、最初はどの程度の質の油がどれくらいとれるのか、そのことで頭がいっぱいでした。そうして出来た搾りたての油は、透明感があって本当にきれいな色でした。それを見たとき、希望としての実感から、抑えきれない喜びが沸いてくるのを感じました。

もう一つ、菜種油の取り組みで得られたものが、人とのつながりです。当時、南相馬は人の往来がなく、街中がひっそりとしていました。近所の人たちもあまり出歩かず、そんな中で生活していると視野が狭くなり、追い詰められたような気持ちになっていきました。しかし、栃木に行くと環境が全く変わる。そこで有機農業に取り組んでいる農家の方と出会い、お互いの状況を話すうち、気持ちが開いていったのです。

また、1986年、地球規模で汚染が広がってしまったチェルノブイリ原発事故。その広域に及ぶウクライナでの農地再生に挑んだ「特定非営利活動法人チェルノブイリ救援・中部」の理事である河田先生の貴重な知見をいただき、確かな歩みの力となって進むことができました。一人で悶々と考えていても答えは出てこない。人と関わることで、自分たちの立ち位置や自然との向き合い方を再認識し、今後どういう方向を目指していけばいいのか見えてくるようになりました。

そうしたつながりから、2014年にチェルノブイリ視察にも行くことができました。原発から30km圏内の立入禁止区域の様子は衝撃的でしたが、周辺地域では汚染された農地を改良し、農作物をつくっていました。また、国立ジトーミル農業生態学大学教授の教え子が経営する大農場を案内していただいたとき、自然の大地が持っている力を教えられ、勇気づけられました。住民も土地で採れた野菜を測りながら食べています。事故以前と同じようにはいかないけれど、それ相応に普通の生活を営んでいることが印象的でした。

ただし、そこで暮らしているのは高齢者ばかりで、若い人が少なかったことも事実です。子どもがいる若い世代の多くが、避難先で新たな生活を見つけて戻ってこないという状況は、南相馬と同じでした。太田地区の小学校でも震災前の児童数は136名でしたが、現在は53名に減っています。以前のようなコミュニティを維持していくのは、ほとんど困難な状況です。

どうすれば、コミュニティを再生できるのか。まず現実は現実として受け止めなければならない。そのうえで、できることを考えてやっていくしかありません。私の場合は、農地が荒廃するのを食い止めながら、従来のやり方にこだわらず、柔軟な取り組みを展開していくこと。そのひとつが、菜種栽培です。

私たちがつくった菜種油は商品化され、2014年9月にデビューしました。名前は「油菜ちゃん」です。南相馬で同じように菜種栽培に取り組んでいた相馬農業高校の生徒たちが、名前とラベルのデザインを考えてくれました。「油菜ちゃん」には、食用油として非常に優れた効果があります。炒め物や揚げ物など何にでも使えるし、胸焼けもしません。今、日本の食用油の原料は、9割以上が外国産ですが、遺伝子組換え原料を使わない国産油としても貴重です。もちろん安全性も確保しています。検出限界の低い測定器を使って、ロットごとに検査を行い、ND(不検出)です。

今後は生産量を増やしていくことが課題です。菜種は畑作物なので、田んぼに作付けするには畑地環境をつくらなければなりません。一番の問題は排水です。そのほかにも、生産のための設備や機材、人的配置など、早急に対応しなければならない課題はたくさんあります。しかし、それ以上に大切なのは人とのつながりです。若い人たちも含めて交流をもっと促進し、私たちの取り組みをまずは理解してもらいたいそしてできれば、その中で一緒にやりたいという人を受け入れる体制をつくっていきたい。農業というのは、自然との密接なつながりの中にその魅力があります。ところが今の社会では、それが見えにくくなっている。私は、食とエネルギーを通じて、農業そのものはもちろんですが、農業の魅力をもっと分かりやすく伝えていきたいと思っています。その1つが菜種油なのです。

今回ラッシュさんにつくっていただいた石鹸もその菜種油を原材料として使っていただいたことで、農業の魅力を、食以外の側面も伝えられる機会になったのではないかと思っています。小さな一歩を積み重ね、将来的には、搾油に使うための電気をバイオガス発電によって賄い、自然に負荷をかけない循環型のシステムを構築したいと考えています。そうした仕組みをつくることで、地域の復興と再生という大きな目標につながるのではないかと思っています。

文:杉内 清繁 

<プロフィール>
有機米農家
一般社団法人南相馬農地再生協議会 代表理事
一般社団法人えこえね南相馬研究機構 理事
福島有機農業ネットワーク 理事

Minamisoma Rapeseed Project: Creating a society with natural  circulation
By Mr. Kiyoshige Sugiuchi

I’m a rice farmer in Minamisoma, Fukushima.

I began organic farming 18 years ago and have been growing rice cherishing a dialogue with nature environment since then. However, the 2011 Fukushima Daiichi Nuclear Disaster changed our lives forever.  As a result of the radiation that contaminated the soil in the area, we were no longer able to continue our farming activities.

The area I live, Ota district in Haramachi ward, is located around 20-km border region from the power plant. Many of the rice farms in the area have now been deserted. All rice grew in Fukushima gets tested and sent out to the market when the safety is confirmed, however, it is not demanded as much due to the harmful rumours. Our rice does not get sold, our motivation began to disappear. Although we received compensation from Tokyo Electric Power Company, they have announced that it will close out. There will be farmers who will not come back to farming as they cannot find ways to re-start growing rice.

Under such circumstance we cannot see a clear future, we started Rapeseed Project simply with a hope to regenerate farming land and re-start agriculture. Growing rapeseed flower in our land that has capacity to remove some radioactive materials from soil, we extract the oil from the seeds. Oil is free from contaminants as water-soluble radioisotopes do not get transferred to oil so it can be sold as cooking oil. Moreover, there is a potential to generate bio-gas with its residue so the plant can be used to create energy.

It was about 3 months after the disaster that we arrived at the discussion of producing rapeseed oil. I was invited to visit a research facility in Tochigi by a professor who had helped me in the past when I began organic farming. There, I heard how rapeseed had previously been worked to decontaminate areas of Ukraine after the Chernobyl disaster. They have proven that oil plants such as sunflower, soy and rapeseed flower have capacity to remove some radioactive materials from soil, and radioisotopes do not get transferred to oil.

Upon my return to Minamisoma, I started to try planting rapeseed plants in the autumn. I also tried extracting the oil myself. I had no idea how to extract it, how much to extract, or how to get higher quality oil, so at first I spent a lot of time puzzling through all this. When I finally extracted the oil, it was transparent, and had a clear beautiful colour. That brought me a feeling of hope, and I began to feel a sense of unbridled happiness.

Another thing I gained from the rapeseed oil initiative is the connection with people.  After the disaster, traffic in town was low and the community was quiet. People did not leave their houses much. Under such situation, I felt my point of view began to narrow and you would start to feel shut in. However, in Tochigi it was completely different. Meeting organic farmers there and talking to each other about our situations have helped me start feeling open again.

Chernobyl nuclear disaster happened in 1986 which has contaminated wide area. Meeting a professor Kawada who challenged agriculture regeneration in Ukraine and learning from his knowledge, it has given me assured power to move forward. All alone, no matter how much I thought about it, I couldn’t find an answer, but by talking through it with other people, I was able to begin to get a sense of moving into the future with a goal.

In 2014, I had the opportunity to visit Chernobyl. Although you can’t approach areas any closer than 30 km from the power plant and the situation in these areas was a shock to me, people are challenging to improve the contaminated faming land around this area and agriculture was in place. When I was guided to big farming land ran by a farmer who studied with a professor from Zhytomyr National University of Agriculture and Ecology, I learnt the power of the earth and greatly got encouraged. Local people in the area were eating vegetables that had been produced in the area after testing them. While things were not exactly the same as they had been before the disaster, it struck me that they are living a normal life.

However, it is also true that the majority of people living there were elderly, and there were not many young people in the area. It is same as what is happening in Minamisoma that young generation with children do not return to the area after building a new life where they evacuated. A local elementary school in my community previously had 136 children which is now only 53. Maintaining a community proved to be challenging.

How can we regenerate a community? First, we have to accept that reality is a reality. Then from there, we have no choice but to consider what we can do. For me, that was preventing the further ruin of the land, and finding flexible approach beyond conventional ways. One of those was the rapeseed project.

The rapeseed oil we produced had a debut in September 2014.  The oil is called “Yuna-chan.”  Local high school students who were also working on rapeseed project worked with us coming up with the name and design of our product. Yuna-chan has great effects as cooking oil, and can be used for stir-fries and deep frying, and doesn’t cause heartburn or stomach upset.  In Japan currently, more than 90% of cooking oil are produced abroad, therefore it’s incredibly valuable that our oil is non-GMO and locally produced. We of course ensure its safety too. Using device with low limit of detection, we test per lot and the result has been ND (Not Detected).

The next step is to increase our production.  Since rapeseed is a field crop, the fields need to be appropriate when we plant on rice fields. Water drainage is the main challenge. There are also many issues we need to swiftly work on such as farming facilities, equipment and human resources. What matters the most, however, is the people-to-people connection. I want to engage young people, have them understand the initiative and encourage connection beyond generation. It is important to build a structure that we accept anyone who are keen to work together. Agriculture is beautiful as it is strongly tied into the nature, however it is difficult to feel it in today’s society. My goal is to communicate the beauty of agriculture through food and energy. One of them is rapeseed oil.

With Lush launching this soap using our rapeseed oil, I feel that it has become a great opportunity to communicate the beauty of agriculture beyond the food industry. With these small steps, I want to continue into the future aiming to produce biofuel with our oil so the energy required to extract oil can be supported then, and build a circulatory system that does not burden the nature. I think such system will lead us to restoration and regeneration of our community.

コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(1)

関連商品

1 項目
ラッシュ つながるオモイ
グルメソープ
希望のひとしずくから生まれた石鹸
¥1,300 (税込)
 / 
100g