FEATURED

Soapbox:すべての子どもが平等に活躍できる日本社会を目指して

言論の自由はとても大切な権利。「Soapbox」は、社外の専門家に依頼し、見識や解説について寄稿いただく場所。今回の執筆は、「特定非営利活動法人 みらいの森」エグゼクティブ・ディレクター 岡こずえ氏。児童養護施設の実情、これからの課題についてお伺いしました。

2012年に厚生労働省が行った国民生活基礎調査によって明らかになった「日本の子どもの6人に1人が貧困状況にある」という衝撃的な事実から、「子どもの貧困」問題に注目が集まり、これまで官民あげて様々な対策がとられてきました。そうした対策が功をそうして、2015年の同調査では、貧困率は「7人に1人」に改善したことが分かり、主要新聞各紙でも報じられました。

同じく「子ども」の問題として、貧困以外にもぜひ知っていただきたい課題があります。それは「児童養護施設で暮らす子ども」についてです。
現在児童養護施設で暮らす子どもたちは日本全国で何人いるのでしょうか?
子どもたちが施設に入所してきた理由は?
そして、施設を退所した子どもたちの進路は?
こういった児童養護施設に暮らす子どもたちの状況は、社会に広く理解されているとは言い難いのが現状です。
平成28年度3月現在、日本全国約600ケ所の児童養護施設で、約30,000人の18歳未満の子どもたちが暮らしています。その入所理由で一番多いのは「虐待」で、全体の37.9%にも上ります。また、入所している子どもたちの59.9%に虐待経験があり、両親または片親がいる子どもは81.7%に上ります。つまり、児童養護施設に入所している子どもの多くは、親がいなくて施設に入所しているのではなく、親がいても一緒に暮らせない事情があって施設に入所していると言えます。

では、児童養護施設とは、どんなところなのでしょうか?

児童養護施設とは、保護者による養育が受けられない1歳から18歳の児童を、生来の家族に代わって養育する施設です。施設では、子どもたちが安心できる居場所の提供と自立へのサポートに取り組んでいます。
現在600ケ所ある児童養護施設のうち、約半数の施設では、20名以上の子どもたちが一緒に生活する、「合宿所」のような環境で暮らしています。これは、9年前に比べると大きく向上していますが、厚生労働省が目指している「より家庭に近い環境での養育を」という方針の実現にはまだ十分ではありません。

ラッシュ 児童養護支援
ラッシュ 児童養護支援

(出典:  平成26年3月「社会的養護の現状について(参考資料)」より)

児童養護施設にいられるのは、高校を卒業する18歳までで、その後は進学・就職といった進路を問わず、施設を退所して、自立することが求められます。施設を退所する子どもたちの進路は、70%が就職、23%が進学(大学・専門学校)となっています。これは、一般家庭で養育された子どもたちが18歳になった時の77%が進学(大学・専門学校)、17%が就職という平均的な進路と大きく異なります。これは経済的な理由も大きいのですが、心理的な理由もあります。

心理的な理由とは、児童養護施設で暮らす子どもたちの約半数は虐待の経験があり、それが心の傷となっていることが少なくなく、自分を大切に思えなかったり、努力したり、頑張ったりすることが難しいのです。また、人に愛され、大切にされた経験が少ないため、周囲の人と良好な関係が築くことが難しいこともあります。ロールモデルとなる大人が身近にいないため、明確な将来像に描けず、それに向かって努力することも難しい場合もあるのです。

このような子どもたちを支援するために、住む場所の提供、学習支援やキャリア支援、奨学金など、様々な支援策が提供されています。ですが同時に、本当の意味で自立して生活していけるようになるためには、子どもの「心」の問題解決や成長を助ける支援策も必要不可欠です。それは現状ではまだまだ十分とは言えません。

例えば、自立して生活していくためには、次のようなスキルが必要です。
- 自分で、自分の行動を考えて決められる
- 困ったときに人と相談できる、助けを求められる
- すべての場で人と交流できる、関わることができる
- 自分および他者の個性/文化を尊重できる
- 予想外の出来事に柔軟に対応できる
- 自然の脅威に対して畏敬の念を持ち、大切にしたいと思う

私たちNPOみらいの森は、すべての子どもたちが平等に活躍する機会を持つ日本社会の実現を目指し、児童養護施設で暮らす子どもたちに、「アウトドア」「英語」「ロールモデル」をキーワードとしたアウトドア・プログラムを提供しています。そして、プログラムを通じて、上記のようなスキルの育成を助け、生涯の糧となる体験を提供し、「心」のケアと幸せで実りある成長をサポートしています。

今年も7月31日からサマーキャンプの大冒険が始まります。

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
https://mirai-no-mori.jp/ja/about-us/   「子どもたちを取り巻く現状」

コメント (0)
0 件のコメント