FEATURED

12月22日は冬至の日。冷え込む1日の終わりに、お風呂でじっくり温まろう

毎年12月にやってくる暦「冬至」は、一年でもっとも日照時間が短く夜が長い日です。日本では、慣習として冬至にユズを浮かべた柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べたりします。これらのちょっとユニークな風習には、それぞれ冬至にふさわしい意味がありました。

 今年も、残すところあとわずかですね。2018年は12月22日が「冬至」の日です。日の出から日没まで、昼間が一年間でもっとも短い日でもある冬至は、とても大切な暦として古くから世界中で親しまれてきました。たとえば、一説によると中国では冬至が一年の始まりである元旦とされたり、ヨーロッパでは「太陽の復活日」として考えられていた時代もありました。

 また、冬至は毎年その日にちが違うのをご存知でしたか?その理由は、年間を通した太陽の動きに合わせて日付が決まっているからなんです。また、冬至を境に少しずつ日が延びていくことから「太陽のリセット日」でもあるんです。

 日本では、今も冬至にかぼちゃを食べたりユズを浮かべたお風呂に浸かる慣習があります。実際にお家で行なっている方も多いのでは?

 でも、どうしてかぼちゃを食べたり柚子湯に浸かったりするのでしょう。こういった冬至の恒例行事には、それぞれちょっとした意味が込められていました。

【かぼちゃ】

 冬至は、太陽のリセット日や一年を区切る日と考えられていました。その昔、「区切り」がひらがなの最後の文字である「ん」のようだと例えた先人がいたのです。そこで、冬至に区切りのいい「ん」のつく食べ物を食べる習慣が語呂遊びで生まれました。

 ちなみに、かぼちゃには「ん」が入っていませんよね。ですが、実はかぼちゃは漢字で「南瓜」と書きます。これはもともと「なんきん」と読まれており、「ん」がつく区切りのいい野菜として食べられていたのです。

【柚子湯】

 お風呂にユズを浮かべる慣習は、日本の江戸時代に銭湯で行なわれていたという記録が残っています。当時は強い匂いが邪気を払う「魔除け」になると考えらえれており、爽やかな香りを放つユズもそのひとつとされていました。ちなみに、端午の節句に入る菖蒲湯も、これと同じ理由なのだそう。

 また、「冬至=とうじ=湯治」の言葉遊びにもなっており、冬至にお風呂に入ることを縁起の良いことだと考えていたようです。

***

 冬至にかぼちゃを食べたりユズのお風呂に入る習慣には、日本の洒落っ気ある言葉遊びが隠されていました。でも、どうか「ダジャレなの、寒い」なんて思わないで!そこには健康への願いや縁起の良さ、一年の区切りを大切にする温かい想いが込められているのです。

 太陽が区切りを迎える冬至、お風呂に浸かって体調をリセットさせるのは、日本人ならではの素敵なリラックス方法かもしれません。年末年始は、毎日たくさんのイベントや行事が巡ってきます。多忙なスケジュールや冬の寒い毎日をエネルギッシュに楽しむために、冬至のタイミングでほっと一息ついて、体調を整えてみるのはいかがでしょう。

ユズを使用したバスボム「シトラスショコラ ボム」はこちら

パンプキンシードオイルを使った「シンダース シャワージェル」はこちら

コメント (0)
0 件のコメント
この商品を見た人は、こちらの商品も見ています。(1)

関連商品

1 項目
NEW
yuzu & cocoa community bath bomb
バスボム
あなたにふさわしい価値ある甘い香り
¥760 (税込)
 / 
約200g