今なら7,000円以上のご購入で送料無料

FEATURED

動物実験代替へのビジョン

私たちは、安全性を確認するために動物を使うことは野蛮な行為だと信じています。

私たちは、動物実験は人間への安全性を証明するものではないと信じています。

私たちは、現在世の中に存在している動物実験データは役に立たないものであり、誤った安心感を与えるため、使われるべきではないと信じています。

私たちは、代替法は十分に洗練されたレベルに到達しており、皆が使うべきだと信じています。

私たちは、ヒト細胞培養や人間のボランティアを使った安全性試験が、動物実験よりもはるかに人間にとって適切な結果になると信じています。

 化粧品の安全性試験に動物を使う残酷さに反対する動きは、1970年代後半から絶えることなく続いてきました。当初は実験に使われる動物の扱いが問題となり、その後すぐに完成商品に動物実験をする点が問題視されました。それから40年以上が経ち、私たちは今日までにキャンペーン活動、化粧品のための動物実験への大規模な糾弾、動物実験を禁ずる法規制の導入、代替法の開発・認証・行政上の承認を目にして来ました。そして私たちは今、利用可能な代替法を使うべきステージに来ました。

 イギリスのドラッグストアメーカーBootsの上級商品開発者は昨年の定年退職前に、Bootsには25年分の動物実験データがあり、それを無駄にするつもりは無いと言いました。動物実験データは、企業にとっての安心材料です。動物実験の結果に満足し、それを中心とした知識や経験を構築して来ました。

 多くの大企業は新商品開発に代替法を使っていますが、法規に順守するため未だに動物実験も行っているのです。知識を得るために代替法を使い、規制当局を満足させるために動物実験を行っています。つまりダブルスタンダードが存在しています。

 私たちは、代替法利用を後押しする最初の会社になりたいと思っています。全ての原材料をヒト細胞培養法を使って安全性試験をすることにより、私たちが使う原材料についてより詳しく知りたいのです。この方法で、自社の完成商品についての知識を積み重ねて行きたいと考えています。

 その出発点として、ラッシュは長い歴史の中で安全に使用され続けてきた原材料を使い商品を作っていますが、それに加えて最新の実験技術を駆使した安全性試験は私たちにより多くの知識を与えてくれます。

他企業にも代替法を使ってもらう事が大切なため、私たちのサプライヤーにXCellR8のラボを訪問してもらい、ヒト細胞培養法を実際に目にしてもらうアウトリーチプログラムも行っています。そしてラッシュの仕入先の中で初めて、自ら代替法安全性試験を始めた仕入先が現れました。

 私たちは、原材料の安全性が確証できない従来の動物実験データには信用を置いていません。サプライヤーには動物を使わない安全性試験の結果を安全データシートに提供して欲しいのです。

 私たちは、サプライヤーが繰返し安全性試験を行わなくても良いように、自社で行った試験結果を共有したいと考えています。同様に、サプライヤーにも試験結果を共有してもらいたいと考えています。

 完成商品に関してはさらに前進し、ヒト培養細胞法で安全性試験が行われたことを表明し、実例を見せることで業界を率いて行きたいと考えています。これは法的要件が定められる前から、私たちが商品に全ての原材料を記載したことと同じことです。他社もこれに続き、お客様も化粧品会社にどのように安全性試験が行われているのか聞くようになってほしいと思います。私たちはまず、in vitro試験で非食品の原材料の全てが遺伝毒性試験された「ドリームクリーム」から開始しています。

 全ての評価項目に関して、全ての原材料の安全性試験を行うのは膨大なプロジェクトです。これを完了するには、500万~1100万ポンドの費用が掛かる見込みです。将来的に実施する試験は、科学の発展により現在行っているものとは異なるであろうと予想しています。これまでは存在しなかった安全性の知識基盤を形成していくことが目的なのです。

私たちのビジョンは以下の通りです:
・全ての商品が、人間のボランティア、ヒト培養細胞、その他代替法を用いて安全性が確証されるようになること
・このような安全性試験の結果は公にされ、広く社会で使われるようになること
・従来の動物実験データは、時代遅れとして廃止されること
・規制当局が代替法を理解し、動物実験を法的要件が廃止されること

コメント (0)
0 件のコメント