FEATURED

ラッシュとLGBT:誰もが自分らしく暮らせる社会に向けて

誰もが自分らしく暮らせる社会を目指して、多様な愛のカタチを応援します。

ラッシュは、誰しもが性的指向や性自認等によって差別を受けることがなく、自分らしく暮らせる社会を目指しています。また、世界中のラッシュでも、ラッシュジャパンでも、働く全スタッフが、自分らしく生き生きと働ける職場づくりに取り組んでいます。

【ラッシュジャパンの取り組み】

◼️全社員のLGBTやダイバーシティに関する理解を深める
社員がLGBTを含むセクシュアルマイノリティに関する理解を深めることを目的とした説明会や研修を実施しています。

◼️戸籍上同性間のパートナーを「配偶者」とみなす
2018年現在、日本では法的に同性婚が認められていませんが、ラッシュジャパンでは2015年1月23日より、全社員に対し異性間の夫婦同様、戸籍上同性間のパートナー登録による結婚祝い金の支給、結婚休暇など各種福利厚生の付与を行っています。また、チャイルドケア休暇・育児休暇・慶弔休暇・配偶者出産休暇・介護休暇などの適応について、社員のパートナーの性別を問わず「配偶者」とみなします。

◼️リクルーティングポリシーにて差別禁止規定の制定
ラッシュでは、「女性(男性)だから雇用したい」という意向を持っていません。性別やセクシュアリティ、年齢、国籍、人種、宗教、障がいの有無などを問わず、「その人自身」と向き合った採用を行っています。また、エントリーシートからは性別欄を撤廃しております。

◼️性適合手術を受けるケースも傷病休職と同様の取り扱いとする
性適合手術を受けた後も安心して復職できる職場環境を用意することを目指し、傷病休職の場合と同様に取り扱います。

◼️LGBTの権利をテーマとしたキャンペーン、コミュニケーションを展開
お客様とともにより良い社会に向けて声を上げるために、定期的にLGBTをトピックとしたキャンペーンやコミュニケーションを展開しています。これまでのラッシュジャパン・世界のラッシュで実施したキャンペーンについてはこちらをご覧ください。

 

 

誰もが自分らしく暮らせる社会を目指して。
#WeBelieveinLove

 

LGBT特集ページはこちら

ラッシュで働く、情熱に溢れた仲間たち

採用情報はこちらから

 

---
LGBTとは、レズビアン(同性を好きになる女性)、ゲイ(同性を好きになる男性)、バイセクシャル(異性を好きになることも同性を好きになることもある人)、トランスジェンダー(出生時に割り当てられた性別とは一致しないアイデンティティを自認する人)の頭文字をとった言葉で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称の一つ。日本労働組合総連合会が2016年、日本全国の20歳~59歳の1,000名にインターネットで実施した「LGBTに関する職場の意識調査」によると、自身がLGBT当事者であるという回答は8%を占めた。

 

コメント (0)
0 件のコメント