今なら7,000円以上のご購入で送料無料

FEATURED

デジタル・デトックス・キャンペーンについて

昨今、インターネット上での誹謗中傷やネット依存など、SNSの依存や誤用が心身に悪影響を及ぼす可能性については、10代から20代の若年層を中心に、日本を含め世界中で問題視されています。

デジタル・デトックス・キャンペーンでは、8月29日(土)から世界メンタルヘルスデーである10月10日(土)までの約6週間のキャンペーン期間中、ラッシュの店舗やラッシュ公式サイトなどを通じて、SNSやインターネットの依存や誤用が心身に悪影響を及ぼす可能性、また、SNSなどに影響されることなく自分自身を受け入れ労わることやリアルライフの大切さなどを世界中に伝えます。

また、日常的に会話になりにくいこれらの内容について、意識的に会話を増やしていく一つの施策として、SNSを活用したアクションへの参加を促し、ポジティブな会話の輪を世界中に広げていきます。

SNSなどの利用によるネガティブな影響について

以下の内容は、SNSやインターネットの依存や誤用が心身に悪影響を及ぼす可能性に関する各種調査データです。
今こそ一度立ち止まり、改めて自分とネットとの関係性を 見直す時なのではないでしょうか。

各種相談窓口・ヘルプライン情報はこちらから。

今回あなたに参加していただきたいこと

キャンペーン期間中2つのフェーズに分けてSNSを活用したアクションを呼びかけます。
あなたもポジティブな会話の輪を世界中に広げるアクションに参加してみませんか?

 

<デジタル・デトックス・デーに向けて( フェーズ1:8/29 〜9/5 )>

8月29日から9月4日の期間、手のひらに「ありのままの自分で十分素晴らしい(I AM WHOLE)」という意味を込めた「◯」を描き、その中にSNSをスイッチオフする意味の「OFF」と書いて(下写真参照)写真を撮り、なぜキャンペーン参加を決めたのか、デジタル・デトックスをしようと思った理由、オフラインの1日をどう過ごすつもりかなどの思いおもいのコメントと共に、SNSに投稿してください。そして、9月5日のデジタル・デトックス・デーには、SNSなどの利用を、世界中のキャンペーン参加者と一緒にオフしましょう。

その際、「#IAMWHOLE」「#セルフラブ」「#デジタルデトックス」のハッシュタグもお使いください。

 

<世界メンタルヘルスデーに向けて( フェーズ2:9/21 〜10/10 )>

9月21日から世界メンタルヘルスデーの10月10日の期間、手のひらに「ありのままの自分で十分素晴らしい(I AM WHOLE)」という意味を込めた「◯」のみを描き写真を撮り(下写真参照)、以下のような視点であなたが感じている内容をSNSで投稿してください。
(※この期間は、手のひらに「OFF」は不要)

● SNSの利用に関して感じている点

● I AM WHOLEに共感する点

● SNSなどに影響されることなく自分自身を大切にすべき理由

● リアルライフを大切にすべき理由、など

過去に#IAMWHOLEに参加したイギリスのセレブリティ

この「手のひらに丸」を描くアクションは、I AM WHOLEが2016年から活動して世界中の人々に呼びかけているもので、自分自身を受け入れることの大切さを理解するのと同時に、周囲も受け入れると言う考え方に対する賛同の証となっています。「#IAMWHOLE」と「#セルフラブ」のハッシュタグをお忘れなく。
集まったコメントは、10月10日のメンタルヘルスデーに1つの形として可視化する予定です。

限定チャリティ商品のバスボム『リアルライフ』

9月17日からは、限定チャリティ商品のバスボム「リアルライフ」を発売します。インフルエンサーZoeがデジタルデトックスをする時に、イギリス・ブライトンの海辺のサンセットを見て心落ち着かせるという事をインスピレーションに、ラッシュのバスボム開発者ジャック・コンスタンティンと開発。この商品は売り上げの全額(消費税を除く)は、世界中のメンタルヘルスケアに関わる草の根団体に寄付されます。

※発売日が9月21日から17日に変更となりました。

>商品情報はこちら。

 

ラッシュがキャンペーンを実施する理由

ナチュラルコスメブランドのラッシュは、ハッピー&ヘルシーライフを追求し、既成概念にとらわれることなく、化粧品業界の新たなカテゴリーのパイオニアとして境界線に挑み続けるというブランドビジョンを掲げています。人々を心身共にハッピーにする商品開発はもちろん、ラッシュが提案するラッシュライフを通じて、人々がウェルビーイングを保ちながら日々を過ごせるよう気にかけています。創立時より全ての人がハッピーであることを願い、社会に変化を生むキャンペーンや様々なアクションを起こし続けています。今回のキャンペーンでは、ラッシュのプラットフォーム(店舗やデジタル上のプラットフォームなど)や本キャンペーンの全賛同者のSNS等を通じてメッセージを発信することで、一人でも多くの人が自分自身を受け入れ、労わることの大切さに気がつき、問題を一人で抱え込まずに周囲に話して良いという理解に繋がる一助になりたいと考えています。

 

#IAMWHOLEとは

#IAMWHOLEとは、2016年の世界メンタルヘルスデーにイギリスの歌手・俳優のJordan Stephens(ジョーダン・ステファンズ)が設立した、若者を中心にメンタルヘルスに関する啓蒙を行う団体です。「I am whole.」は、「ありのままの自分で十分素晴らしい」という意味を持ちます。自分自身を受け入れることの大切さを理解するのと同時に、自分が周囲の人も受け入れると言う考え方に対する賛同の証として、手の平に丸を描きSNSに投稿するキャンペーンを開始するやいなやバイラルし、エド・シーランやリアム・ギャラガー、ジェイムス・コーデンなどの著名人も参加し、1.2億人以上の人にリーチしました。その後、毎年このキャンペーンは実施され、英国議会でも取り上げられるなど、イギリスをはじめとする各国で注目されています。

I AM WHOLEは、デジタルデトックスキャンペーンにおける、ラッシュのパートナー団体です。

 

Zoe Suggとは

Zoe Sugg(ゾーイ・サグ)は、独自ブランドを立ち上げる実業家であり、作家としても活躍し、イギリスで最もフォローされている女性ユーチューバーとしても知られており、YouTubeやインスタグラムを合わせると、2,500万人を越えるフォロワーを抱えます。

2012年に自身のメンタルヘルスについてSNSなどを通じてオープンにした初のインフルエンサーで、不安症やパニックアタックなどの経験を語ることで、多くのフォロワーに寄り添う存在となりました。また、2014年にはメンタルヘルスケアを行う団体「Mind」が行ったチャリティ活動のアンバサダーに任命され、メンタルヘルスに関する啓蒙活動を牽引する存在となりました。その後も継続して、ネットいじめや女性の健康なども含め、メンタルヘルスなどに関するチャリティ活動や啓蒙活動など幅広く活動している

コメント (0)
0 件のコメント