FEATURED

昔の暮らしから学ぶゼロウェイストな生活のススメ

ゴミを作らない、出さない、もらわないといったゼロウェイストという考え方をご存知ですか?ゼロウェイストは、近年における大量生産・消費社会に疑問を持った人たちよる草の根活動として、今世界中で広がりつつあります。

 

問題に関して意識しながら始めようと思っていても、どこから始めたらいいのかわからない人も多いのでは?心配はいりません。私たち日本人は長い歴史の中で様々な工夫をしながら1つの物を最大限に活用しきる生活を送ってきました。資源が限られた島国という環境下で、慎ましく豊かな生活を送ってきた先人たちの知恵から学んで今の生活に取り入れば、豊かでゼロウェイストな生活が送ることができるはずです。


 

生ゴミを分解するコンポスト生活

行政によるゴミ収集の機能が発達してなかった時代、ゴミは全て細分化された上で再利用するものは再利用し、そのほか自然由来ものは土に還すサステナブルな循環が当たり前に行われていました。現在を生きる私たちが昔の人のようなゴミとの向き合い方を実践することは困難を極めますが、生ゴミを微生物や菌の力で分解発酵して堆肥に姿を変えるコンポストを取り入れることで、それに近いことができます。そしてコンポストの作り方はとっても簡単で、インターネットで検索すればさまざまな材料を使ったコンポストの作り方が掲載されています。ほとんどの材料はホームセンターの園芸コーナーなどで手軽に買えるもの。ぜひ暮らしに取り入れて生ゴミを出さない生活を送ってみましょう。
 

 

米のとぎ汁で洗剤にさよなら

お米を炊くときに必ずでるとぎ汁が洗い物に使えること、ご存知ですか?使い終わったお皿を古新聞やボロボロになって使えなくなった服やタオルを切って汚れを拭き取ってから、米ぬかを溜めた桶で洗い、その後水で流します。油汚れや焦げがこびりついた食器や鍋などの汚れを取る以外であれば、これで十分綺麗になります。洗剤も使わずに自然由来のとぎ汁を使うことで環境にも優しい洗い物を行えます。


 

炭は暮らしのマルチプレイヤー

炭はバーベキューの火種として使うだけではありません。炭をタワシなどで水洗いし、煮沸消毒してよく乾かしておけば、暮らしの様々な場面で使える天然の便利な生活必需品に変化します。例えばピッチャーの中に水と一緒に入れることで、浄水器を使わなくても吸着効果でカルキや化学成分を吸収して除去してくれる働きがあったり、靴箱に入れることで消臭剤にもなります。また、野菜と一緒に冷凍庫に入れておけば、野菜や果物が熟成する速度を早めてしまうエチレンガスを吸収して鮮度を保ってくれるので、食料を通常よりも長く保つことができ、フードロスを出にくくするなど生活の身の回りに効果的な役割を果たしてくれます。


 

近所の商店会で買い物

買い物をするときの問題点は、ものを購入した後にすぐ捨てられてしまう大量のパッケージではないでしょうか?その解決方法として、個人商店での買い物があるでしょう。お豆腐屋さんもお鍋やタッパーウェアをお店に持ち込むことで余計なパッケージを貰うことを防げます。小さな八百屋さんならプラスチックやサランラップで野菜が包まれていないことが多いので、エコバックや廃品回収に出す前の古い新聞紙に直接野菜を包んで持ち帰れば、余計なゴミを作り出さない買い物ができます。買い物袋や野菜を入れるビニール袋を受け取ることを断り、リユース・リサイクルできるアイテムをカバンに入れて買い物に出かけたら、パッケージというゴミを出さない生活が可能になります。

 

風呂敷包む、なんでも

ラッシュが提案しているKnot Wrap (ノットラップ)をご存知の方も多いかもしれませんが、これは日本の風呂敷から着想を得てイギリスで開発されました。カバンの中に一枚忍ばせておけば場所をとらず、必要な時にさっと取り出して、Knot (結んで)、Wrap (包んで)、and Go (どこまでも)。様々な場面で使える便利なアイテムです。加えて風呂敷は包み方さえ知ってしまえば様々な形状のものを包んだり、バックの代わりになる便利なアイテムです。Knot Wrapの詳しい使い方はこちらから。

 

温故知新で暮らしのアップデートを

近年私たちは、物事の利便性や迅速さを求めていった結果、たくさんのゴミを出すことが当たり前な生活を送っています。しかしながら科学技術が発達していなかった時代の暮らしを見直してみることで、現代を生きる私たちが学ぶことは多々あります。「古きを温ねて新しきを知る」と論語でもあるように、昔の暮らしや先人の知恵は、大量消費・廃棄を繰り返しす私たちに新しい叡智を与え、またそれを理解し実践することで豊かな暮らしぶりの原点を振り返るきっかけになります。古き良き日本の昔の暮らしを学び、あなたができるところからゼロウェイスト生活を初めてみませんか?

コメント (0)
0 件のコメント